skk

愛しのアイリーンのskkのネタバレレビュー・内容・結末

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)
4.3

このレビューはネタバレを含みます

こりゃすげえ、傑作だわ 期待よりはるかに面白く、見終わってしばらく呆然としてしまった

漫画の原作は先に読んでいて、ものすごいパワーのある漫画で生命力を吸い取られた記憶があります それだけに映画化して大丈夫だったのか?と心配でしたが、そのエネルギーは全く損なわれていませんでした

全員怪演なのだが、とりわけ母親の木野花は凄まじく、狂気がかった演技でものすごい存在感です 原作のアレをよく再現できたな… アイリーン役も素晴らしくアイリーンだった

中盤の塩崎のくだりのシーンの前後と、ラストシーンは泣かされてしまった

あと、お見合い相手の子が喧嘩するアイリーンと岩男の後ろでめっちゃガニ股で身だしなみを整えてるシーンが妙な味わいがあって良い