ゆみこ

パンク侍、斬られて候のゆみこのレビュー・感想・評価

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)
3.7
『パンク侍、斬られて候』。


この作品を読んだ人はこの作品を如何にして映像として映画としてこの作品を表現するか、はたまたあの世界観を表出するのか疑問を呈したことだろう。

問題ない。問題なくこの映画は町田康の意匠を汲み取り表象している。
この小説の最も魅力である彼の文体や言葉の深大を巧みに落とし込んでおり、混沌とした世界を、劇的な展開を、人物の狂暴を様々な角度から突き刺すように押し付けてくる。

しかし、忠実に再現するために宮藤官九郎の得意とするところの軽快なノリの表出、石井岳龍の最大の魅力である爆発的なエネルギーをあまり感じることができなかった。これは残念であった。


石井組お馴染みの個性溢れる俳優陣は今回も相変わらず凄まじい。狂気の中にも愛を感じる。
また、人物だけでなく猿も評価したい。彼らの瞳の表現はとても印象的であった。


総括としては、好き嫌いがとても大きく分かれる作品であると感じた。
原作を、町田康を知っているか知らないか、彼の世界観を理解できるかできないかで名作にも迷作にもなりうる紙一重の作品。
無論、私は好き。