パンク侍、斬られて候の作品情報・感想・評価

パンク侍、斬られて候2018年製作の映画)

上映日:2018年06月30日

製作国:

上映時間:130分

3.2

あらすじ

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこ の土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが・・・。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿 が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える…

ある日、とある街道に一人の浪人があらわれ、巡礼の物乞いを突如斬りつける。自らを“超人的剣客”と表すその浪人の名は掛十之進(綾野剛)。掛は「この者たちは、いずれこ の土地に恐るべき災いをもたらす」と語るが・・・。次々とあらわれるクセもの達。ある隠密ミッションの発令によって始まる前代未聞のハッタリ合戦。そして一人の女をめぐる恋の行方と、一人の猿 が語り出す驚きの秘密。今、あなたの想像をはるかに超える、驚天動地の戦いがはじまる。

「パンク侍、斬られて候」に投稿された感想・評価

何というおバカ、くだらなさ、不真面目さ。ふざけんな、バッキャローだけどツボが完全に同期したっ!終始、ニヤついて観てしまった。トホホ…

秘技・人間炬燵、睾丸稲荷返しなど、古典的な組み体操に酔いしれる。完全にスベっているけどキャラがハチャメチャに個性的過ぎる。皆、素晴らしくゲスい。

これはヤバイ。高く評価すればするほど、その人の変態性がうかがい知れるという踏み絵のような作品。観たら大波にもまれる小舟のように翻弄されること間違いなし!腹ふり党で腹を振るのか、サルと一緒に腹ふり党の鎮圧に動くのか、あなたならどっちだ?

腹をふれ〜、ほれ、腹をふれ〜、ほいほい、楽しいですぞ、バッキャローッ!
まなみ

まなみの感想・評価

3.3

ぶっ飛んでた。
ほなみ

ほなみの感想・評価

4.0
俳優一人一人が本当に面白かった
腹ふり党最高
宇宙が 砕けますよ

このレビューはネタバレを含みます

最後がホントに面白く無い
すご〜く楽しめる作品なので
最後だけ違う展開してほしい。
おわりが、マイナス2.5
訳が分からなさすぎる。退屈だった、、、
ヤマト

ヤマトの感想・評価

2.5
キャストは豪華
内容はぶっ飛んでます
sachiki

sachikiの感想・評価

3.4
(105)
石井監督は好きだけどもこれは観る人かなり選ぶかな。
自分は原作も読んでから観たけども、ここまでカオスだとそうゆうの関係ないかな。
意味なんて求めて観るなんてバカらしい。ただ感じて楽しめるかどうかだと思う。
浅野さんの登場シーンと
染谷くんのちゅるちゅるぴーのシーン
大声出して笑いたかった。カオス。笑。
たつ

たつの感想・評価

3.0
爆夏。宇宙が砕けますよ。
決して万人ウケはしない見る人を選ぶ作品。
0か100。ハマる人はがっつりハマる。
パンクな監督とパンクな脚本家が合体するとここまで弾けたものが出来るんだなぁ。芸術的な仕上がりに。

ギャグや殺陣、画力も迫力あって良いんだけど、
個人的には細かい言葉回しと語りがすごい好きでした。
>|