せっ

トラさん~僕が猫になったワケ~のせっのレビュー・感想・評価

4.0

まあギャグだけど、、.
ギャンブル大好き売れない漫画家のダメ男が突然死んで猫になる話。
.
こういう自分が好きなアイドル(いわゆる自担)が出てる映画こそ感想書きにくいものはない。書こうと思えばいくらでも自担の褒めるポイントが湧き出てくる。
.
たとえその映画がクソだったとしても、自担が大スクリーンに映って、泣いたり笑ったり演技してるだけでヲタクにとってはもう見に行く価値のある素晴らしい映画なのだ。それに加えて自担が猫の姿でわちゃわちゃしてるなんて、なんて素晴らしいんだ(?)。
.
なのでちょっといつものような毒吐き出し感想は書けないけど、全体の感想としては思ってたよりかは良かった。でも自分の想像をはるかに超える出来事が起こるわけでもないし、大号泣した訳でもない(というか1ミリも泣いてない)。
.
適度に笑えて泣けて家族愛にほっこりして、ふざけた猫映画にしては上出来じゃないのか?.
.
でもちょっと残念なのはあんなにクズ男なのに、多部ちゃんがどうしても寿々男を好きになったのか、ずっと好きでい続けるのかがはっきりしないところ。
.
北山宏光という人物をよく知ってる私たちヲタクなら寿々男の性格と北山を重ね合わせて好きになる理由は理解出来る。ただ、これ一般の人が見たらどうなのか?
.
あと私的に家族の救い方はトラさんがインスタでバズりまくってトラさん写真集出してテレビにも出まくってお金がっぽがぽっていうのもありだったんじゃないかと思うね(笑).