daiki

来るのdaikiのレビュー・感想・評価

来る(2018年製作の映画)
4.0
序盤の勢い来まくりですね!

あの独特の雰囲気と妻夫木、黒木華のあの狂気性が非常に良かった。妻夫木が襲われるシーンとか最高に不気味やった。あの留守電聴いたら私はチビる自信がある。

妻夫木の面の育メンっぷりと裏の自己中っぷりは同監督の『渇き』の妻夫木の雰囲気と一緒、彼のあの笑顔は裏の表情も垣間見得ててすごい俳優やなと改めて思いました。

でもこの世に未練を残して死んだことも気づいてないことを気づいたシーンはすごくしみじみとしたな。子供のことは愛してたんだろうな。

彼らの狂気性を堪能した後は少々トーンダウン。岡田、小松、そして松たか子組はなにしてんの?って感じ。でもお祓いのシーンの迫力は鳥肌でしたね。

で、結局何が『来た』のか最後までよく分からず。

ジャンルはホラーなんだろうけど、ホラーでない感じがこれまた良い。

そして、このシンプルイズベストのタイトル。インパクト大であるとともに何が来るのか期待させる。若干トンチというかふざけてる感じも受けるこのタイトルが私は大好き。

何回も言うけど、ホラーなのにホラーでない、エンターテイメント要素も詰まったこの映画に拍手!