ひよし

来るのひよしのレビュー・感想・評価

来る(2018年製作の映画)
4.3
柴田理恵の映画。……じゃなくて、陰湿な(和風の)人間関係、欺瞞のイクメンを描く序盤と、霊能者がつぎつぎと使い潰される霊能大戦となる後半のギャップがすごい映画。後半だけ見たいという気もするし前半が大事な気もする。

妻夫木聡が、良きパパブログに熱中しながらも妻と娘を顧みないカスイクメンを演じている。劇中の災厄のほとんどは妻夫木に起因する。

霊能者は、キャバ嬢の霊媒師とかおいしいキャラがたくさん出てくるのだが、なんといっても柴田理恵である。女優としてこんなに魅力的だとは知らなかった。隻腕隻眼の霊能者を怪演している。作中に登場する霊能者のなかでも屈指の実力を誇り、何度も立ち上がる姿には涙さえ誘われる。いやほんとにカッコいいのよ……。

全体としては、誰が正しいとか誰が悪役だとかそういうことではなく、取り憑かれたら人間は無力であるという感じ。宇宙的恐怖に近い。また、家族のかたち、不倫、出産、中絶、など誰もが気にしてはいるがその生臭さに触れるのをためらうような話についてもよく描かれている。

この映画をシンゴジラと評したひとがいるが後半はまさしくそう。大祭壇を建立して、神仏習合どころか拝めるものならなんでも拝んで最終決戦に挑むんである。祭壇用の木を切り出すシーンは完全にシンゴジラだった。

神主、ユタが新幹線やらタクシーやらで向かってきたり、カプセルホテルで着替えてたりとか、そのあたりの細かい描写も好き。

グロテスクなシーン、陰惨なシーンも多いが、テンポがいいので不思議と爽快な気分になる。お正月映画。