つん

来るのつんのレビュー・感想・評価

来る(2018年製作の映画)
3.9
妻夫木さんは、あのルックスで普通の人を演じても面白くないから毎回癖のある人を選んでいるのかな?と思うくらい、最近は好感度の高い役をやらないよね。
最初の段階から、薄っぺらさと嫌悪感満載でした。
全体的にただのホラー映画とかスプラッタってだけでなく、心理的描写や伝承にも触れていて、好きな世界観でした。
映像も中島監督カラーで嬉しい。
普段とは違う役者さんの一面が見れて、初見ではわからないくらいイメージ違う人もいて、楽しめた。
なによりも怖かったのは、冒頭の親戚の集まりと結婚式だった。
あの結婚式のノリ、どこかで見たと思ったら、リップヴァンウィンクルの花嫁だ。
新婦役も同じ黒木華だし。
もう一生結婚式に呼ばれませんように…って本気で祈った。
間延びするシーンはいくつかあったけど、見終わった時にもう一回観たいと思った。