来るの作品情報・感想・評価

上映館(2館)

「来る」に投稿された感想・評価

ぐりこ

ぐりこの感想・評価

3.1
『告白』『渇き』でシリアスな作品で評価を得ている中島哲也監督の“最恐エンターテイメント”で2018年映画納め。

観る前、果たしてホラーなのかエンタメなのか、なんてことを考え、僕はホラー観ないので多少ビビりながらスタート。
結果的には、多少ホラーで多少エンタメ、といった感じで、僕はわりと楽しめた♪

前半は、妻夫木聡×黒木華の家庭を中心に、“それ”の気配を感じる部分。うすら恐ろしい雰囲気あった。
後半は、キーパーソンの2人が“それ”に殺されて、いざ霊能力者松たか子との全面対決へ。
全国から集結した霊能力者のうち沖縄チームが、東京到着後、戦いの前に殺されたシーンはなかなか戦慄した。

最後は聖魔大戦といった具合で立派にカオス、岡田准一と小松菜奈がまるっと収める。


ストーリーどうこうより、達者な役者たちの流石の演技と意外な配役が見もの。
『告白』の松たか子が演じる紙一重な雰囲気の霊能力者がとにかくキャラ強い、
妻夫木の安定のダメ男役と黒木華の2面性の怪演も流石。
『渇き』の小松菜奈も霊能キャバ嬢役の新境地(?)で実力をしてる。
岡田准一だけ、なんだろう、やっぱりどうしてもアイドルなのかな、イケメンの崩し方を妻夫木に教わればごにょごにょ…


ということで、2018年はお世話になりました。2019年もどうぞよろしくお願いします🙇
小松菜奈を拝みに行ったら柴田理恵が最高だった。
小松菜奈はもちろん最高。無敵ピンク。
きのこ

きのこの感想・評価

2.9
原作を読んでいたので待ち望んでの鑑賞。

正直原作の小説の方が怖い、でも原作通りのキャラクターの強さがあった。

中島監督らしい人間のクソさも出てた、けどやっぱり期待してしまうのはぼぎわんの存在。

ぼぎわんを映像にするの難しいよな…小説通りに具現化したら少しチープになりそうだけどもっと怖がらせても良かった。

オープニングとお祓いのシーンは普通にカッコ良かったです。
たまこ

たまこの感想・評価

3.2
私は怖かった
onse

onseの感想・評価

3.5
中島監督らしく演出がぶっ飛んでる
安定の人間の黒い部分の描写が上手い上に胸くそ悪くなる
小松ななかわいかった
ラストはまさかのオムライス
ユキ

ユキの感想・評価

3.7
邦画ホラーのお約束を感じた。
最後の大舞台はマジで胸熱だった。そこがやりたかったんだろうなと思うぐらいに。
おちゃらけてる実力者良いね。
なんなのこの映画と言われれば中島哲也だからとしか言えないエンターテイメント作品。

「あれ」を脅威を表現するしつつ人間の闇をダイレクトに炙り出す展開はお見事でした。

ラストの小馬鹿にしたようなあれも全然嫌いじゃない。

なんでもかんでも「あれ」のせいにするなよ
ある意味ホラー。1番怖いものを知った気がした。
めっちゃ楽しみにしてたのに、なんかよくわからなかった…小松菜奈だけが輝いていた。
スズキ

スズキの感想・評価

4.0
ホラー映画のキャラを立てずに、もしかしたら私にもあるかもしれないという没個性の登場人物がいない、まじ?というホラー。女優霊みてよ…って思いつつキャラが立ってる映画って面白いな〜
>|