ゆ

あの日のオルガンのゆのレビュー・感想・評価

あの日のオルガン(2019年製作の映画)
-
当時のあの悲惨な状況の中でも何としてでも子供達を守って生きないとという保母さん達の強い思いを通してどれだけ辛くて悲しくて耐えられないことが続いても生きていたら何とかなるということを改めて教えてくれた映画。逃げても逃げても戦争が追いかけてくるっていう言葉の中にあるいつまで続くんだろうという不安と現代のコロナ禍への不安が少し重なってしまった。