なおひろ

あの日のオルガンのなおひろのレビュー・感想・評価

あの日のオルガン(2019年製作の映画)
4.5
会員割引、鑑賞後監督の舞台挨拶あり。

ようやく、見られました。
戦争を題材にした作品は、多くて、見てない作品がたんまりあります。
メジャー館での上映は、見られず、今回の単館系での上映を待つ格好になりました。

戦火が激しくなる都市部ではなく、田舎に保育園ごと疎開する。
しかし、疎開先にも戦火が近くなってきて…

無邪気に遊べたり、アホなことできるのは平和な証拠。
戦火をくぐり抜けた先人がいたからこそ、
今の日本がある。
これを忘れてはなりません。

平成が終わる中、昭和の出来事が忘れられたり、知らない人が増えるわけで。
それに一石を投じる作品だと感じました。

監督の舞台挨拶でのコメント及び出演していた大原櫻子さんの手紙を監督が朗読され、より染み入りました。

まだ、しばらくは、全国どこかで上映されているようです。