いよら

あの日のオルガンのいよらのレビュー・感想・評価

あの日のオルガン(2019年製作の映画)
3.9
戦時下の疎開保育園での実話を元にした話です。

戦時中の話なので、もちろん空襲のシーンも出てくるは出てくるんですけど、基本的には疎開している先での話が中心なので、悲惨なシーンというのは少ないです。もちろん切ない場面はあるんですけどね。東京大空襲の時はむねが締め付けられます。
保母と子供たちの絆が温かいなぁと感じる映画でした。ピアノを弾いたり、子供たちと一緒に遊んだり、一緒に寝たり。不安でいっぱいの子供たちだったはずだけど、保母さんたちがいたからそんな中でも笑顔でいられたのかなと思います。
地元の人たちとの繋がりもいい面や大変な面も描かれていました。
戦時下で、自分や家族を守るので精一杯のはずなのに、子供たちを守ろうとした人たちがいたということがすごいなぁと思います。