父、帰るの作品情報・感想・評価

「父、帰る」に投稿された感想・評価

僕の名はイワン(愛称ワーニャ)、ロシアの12歳の少年。僕の家にはパパがいない。兄のアンドレイ、ママ、おばあちゃんの4人暮らし。ママがとても優しいから、パパはいなくてもいい。
          *
夏休みのある日曜日、遊びから戻ると見知らぬ男が家にいた。12年ぶりに帰ってきたパパだ。がっしりした体格、ひげ面で口数の少ない男だ。ママもおばあちゃんも黙ったまま、この男がどこで何をしていたのか、そして何故今頃戻ってきたのか、誰も教えてくれない。
          *
“父”は僕たち兄弟を連れて明日からキャンプに行くと言った。“父”の車で旅行だ。
          *
一日中車で移動した後、火曜の午前、途中の小さな町に立ち寄った。公衆電話で“父”は何度も誰かに電話した。食事できる店を探すよう言ったのに、町を回った兄は寄り道してなかなか戻ってこなかったので、“父”は不機嫌になった。怒った“父”は怖かった。食事の後、勘定をして店から出た僕たちは、不良に絡まれて父の財布を奪われてしまった。“父”はその不良を探しだし捕まえて戻ってきた。そして、僕たちに、こいつを殴れ、仕返ししろと命令した。できないと答えると、根性なしめ!と言った。 “父”は強くて頼もしくもあるのだが、凄味があって怖い。
          *
「急に用事ができた。帰りのバス代をやるから家に帰れ」と突然“父”は言いだした。なんて勝手なんだ。「次の機会は12年後か」と毒づいたら、一緒に行けることになった。他の場所に行って3日間“父”が仕事をしたら、その後で釣りとキャンプだという。
          *
小さな港町に立ち寄って“父”は袋に入った何か大きなものを調達した。一体何だろう? その日は森の湖畔で釣りを楽しんでテントで寝た。父と僕たちは別々のテント。夜、テントの中で僕たちは“父”が何者なのか想像して話し込んだ。アンドレイはそうでもないようだが、僕は“父”が好きになれない。納得できる説明もせず有無を言わせず僕たちを従わせる。怪しいことをする不審人物かもしれない、僕たちは殺されるんじゃないか?
          *
水曜日は早朝に出発。僕は釣りをもっとしたいとごねたら、父は機嫌をそこねたか、途中の小川にかかる橋の上で車から下ろされた。ここで釣りをしていろと言い捨てて、僕を置き去りにして行ってしまった。人っこ一人いない野原に取り残された僕は途方に暮れた。帰って来てくれるはずだ、でも、戻ってこなかったら…? 雨が降り出してずぶ濡れになったが、そのまま橋にもたれて座ってただ待ち続けた…。 どれだけ待っただろう、“父”の車が戻ってきた。車に乗るとずぶ濡れの服を着替えろと命じられた。僕は心がかき乱れていた。「12年もほっといてなぜ今頃帰ってきたんだ!」と泣き叫んだが、父は黙ったままだった。
          *
目的地の湖に着いた時、空は快晴になっていた。そこからはるか沖合の無人島にいくのだという。岸に捨ててあった古いボートの船底にタールを塗り、調達したモーターを取り付けて快調に進んでいたのだが、途中でモーターが故障してしまってからは、僕たちはボートを漕がされる破目になった。クタクタになって島についた時は夜も更けていた。
          *
島には結局2日いただけだ。僕たちが釣りをしている間、父は島のどこで何の仕事をしていたのか分からない。その後の島での出来事について、僕は決して人には話さない。これは僕たちだけの秘密だ。だけど、はっきり言えることは、この1週間のことを僕たちは決して忘れることはないということ、そしてこの1週間の旅で、僕たちは大人になったということだ。
          *
         ***
…と書くと、「スタンド・バイ・ミー」のようなノスタルジックな雰囲気が出てきますが、映画は全く違う印象です。テイストは大分違いますが「フライド・グリーン・トマト」を思い出させる、かなり引っかかって心に残るお話でした。作品の制作年から逆算するとワーニャはソビエト崩壊の年1991に生まれた少年。この父親のキャラクターはソビエト時代の父親像の典型なのでしょうか。エピソードもほとんど回収されず謎は謎のままで終わります。秘密のベールで被われたソビエト時代そのものといった印象です。それでも人が全くいない広大で静かな湖水風景はとても美しい。フィンランド国境近くのラドガ湖という湖です。
今まで居なかったお父さんが急に帰って来て息子が困惑→無理やり家から引っ張り出して埋めた箱を探しに行く→お父さん全然喋らなくてギスギスする→埋めた箱にめちゃくちゃ固執するお父さん→何やかんやあって息子お父さん突き落としちゃって殺される→やたら気持ち悪い家族写真のスライドショー開始→終わり

監督のインタビューで、「箱の中身は何だったんですか?」という質問に対して「なんてバカな質問なんだ、箱の中身なんて考えてない」って言っててバカはお前だバカ!って声に出して突っ込んだクソクソ&クソ映画
兄弟と父の1週間。
12年ぶりに帰ってきた謎だらけの父と、そんな父にどう接すればいいか分からないが何とか受け入れようと頑張る兄と反発するマザコンの弟。
この親父、暴力は振るうわ指示ばかりしてくるわ、しかも自分のこと何も語らないわで弟からは本当の父親じゃないかもと疑われる始末。
だけどそんな父だからこそ子供達に残せたもの。
父からの愛情はちゃんとあった。
ラストに父が弟くんを愛称で呼び、弟くんは心から父さんと呼ぶシーンが悲しかった。
moron

moronの感想・評価

5.0
あまりにも残酷で、静かで、美しい映画。
画が語るなら、台詞などいらないということがよく分かる。映画はストーリーを伝えるためのたんなる技術や媒介ではないということ、あるいは伏線を回収してこととするだけが物語ではないということも。
画面に没頭してしまう感覚と、そのようにあった意識が引き剥がされ、自身の世界観と映像とが突き合わされる感覚の間を彷徨っていた。

いちばん気に入ったのは、父が彼岸へと向かったのちの兄弟の姿だった。
此岸で兄は父へと、弟は兄へと生まれ変わるようである。それはきっと、折り合いをつけたかどうかでが問題になっているのではない。好むと好まざるとにかかわらずそうなのだ。あるいは、そうなりゆくことは素晴らしいことなのだと思う。

父の話だし、子供の話だし、家族の話だ。しかも、他人事ではいられなくなる。この作品を語ろうとすると、どうしても僕自身の話になってしまう。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.8
「父、帰る」
2003年世界で話題になった金獅子受賞作品の本作は新鋭ズビャギンツェフが家族、そして大黒柱の父親とは一体なんなのかを問う人間ドラマ。美しい自然風景をバックに希望無き葛藤をする息子と謎多き父の行末を静寂にナイーブに描いたロシア映画で普遍的な数々の描写に心が動かされる。
kotoe

kotoeの感想・評価

4.0
映画「父、帰る」
ロシア映画好きだ。受け手に投げてるところが多くて好きだ。映像本当に綺麗。いろいろ気になって調べたけど、調べれば調べるほど、深い映画だと理解。二度楽しめる映画だ。
キム

キムの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

終始殆ど音のない静かな映画のラストに父の子を想う気持ちが読み取れる。
解消されないしこりが気持ち悪くならない。子供の心情をうまく描いてる。
不快に転じてしまう要素がある作品。不快にはならなかった。解消されることがないしこりを上手く扱えている作品の一つ。閉鎖と停止…日本語題は皮肉がある…
>|