父、帰るの作品情報・感想・評価

「父、帰る」に投稿された感想・評価

僕の名はイワン(愛称ワーニャ)、ロシアの12歳の少年。僕の家にはパパがいない。兄のアンドレイ、ママ、おばあちゃんの4人暮らし。ママがとても優しいから、パパはいなくてもいい。
          *
夏休みのある日曜日、遊びから戻ると見知らぬ男が家にいた。12年ぶりに帰ってきたパパだ。がっしりした体格、ひげ面で口数の少ない男だ。ママもおばあちゃんも黙ったまま、この男がどこで何をしていたのか、そして何故今頃戻ってきたのか、誰も教えてくれない。
          *
“父”は僕たち兄弟を連れて明日からキャンプに行くと言った。“父”の車で旅行だ。
          *
一日中車で移動した後、火曜の午前、途中の小さな町に立ち寄った。公衆電話で“父”は何度も誰かに電話した。食事できる店を探すよう言ったのに、町を回った兄は寄り道してなかなか戻ってこなかったので、“父”は不機嫌になった。怒った“父”は怖かった。食事の後、勘定をして店から出た僕たちは、不良に絡まれて父の財布を奪われてしまった。“父”はその不良を探しだし捕まえて戻ってきた。そして、僕たちに、こいつを殴れ、仕返ししろと命令した。できないと答えると、根性なしめ!と言った。 “父”は強くて頼もしくもあるのだが、凄味があって怖い。
          *
「急に用事ができた。帰りのバス代をやるから家に帰れ」と突然“父”は言いだした。なんて勝手なんだ。「次の機会は12年後か」と毒づいたら、一緒に行けることになった。他の場所に行って3日間“父”が仕事をしたら、その後で釣りとキャンプだという。
          *
小さな港町に立ち寄って“父”は袋に入った何か大きなものを調達した。一体何だろう? その日は森の湖畔で釣りを楽しんでテントで寝た。父と僕たちは別々のテント。夜、テントの中で僕たちは“父”が何者なのか想像して話し込んだ。アンドレイはそうでもないようだが、僕は“父”が好きになれない。納得できる説明もせず有無を言わせず僕たちを従わせる。怪しいことをする不審人物かもしれない、僕たちは殺されるんじゃないか?
          *
水曜日は早朝に出発。僕は釣りをもっとしたいとごねたら、父は機嫌をそこねたか、途中の小川にかかる橋の上で車から下ろされた。ここで釣りをしていろと言い捨てて、僕を置き去りにして行ってしまった。人っこ一人いない野原に取り残された僕は途方に暮れた。帰って来てくれるはずだ、でも、戻ってこなかったら…? 雨が降り出してずぶ濡れになったが、そのまま橋にもたれて座ってただ待ち続けた…。 どれだけ待っただろう、“父”の車が戻ってきた。車に乗るとずぶ濡れの服を着替えろと命じられた。僕は心がかき乱れていた。「12年もほっといてなぜ今頃帰ってきたんだ!」と泣き叫んだが、父は黙ったままだった。
          *
目的地の湖に着いた時、空は快晴になっていた。そこからはるか沖合の無人島にいくのだという。岸に捨ててあった古いボートの船底にタールを塗り、調達したモーターを取り付けて快調に進んでいたのだが、途中でモーターが故障してしまってからは、僕たちはボートを漕がされる破目になった。クタクタになって島についた時は夜も更けていた。
          *
島には結局2日いただけだ。僕たちが釣りをしている間、父は島のどこで何の仕事をしていたのか分からない。その後の島での出来事について、僕は決して人には話さない。これは僕たちだけの秘密だ。だけど、はっきり言えることは、この1週間のことを僕たちは決して忘れることはないということ、そしてこの1週間の旅で、僕たちは大人になったということだ。
          *
         ***
…と書くと、「スタンド・バイ・ミー」のようなノスタルジックな雰囲気が出てきますが、映画は全く違う印象です。テイストは大分違いますが「フライド・グリーン・トマト」を思い出させる、かなり引っかかって心に残るお話でした。作品の制作年から逆算するとワーニャはソビエト崩壊の年1991に生まれた少年。この父親のキャラクターはソビエト時代の父親像の典型なのでしょうか。エピソードもほとんど回収されず謎は謎のままで終わります。秘密のベールで被われたソビエト時代そのものといった印象です。それでも人が全くいない広大で静かな湖水風景はとても美しい。フィンランド国境近くのラドガ湖という湖です。
突然帰ってきた父親と息子2人が旅するお話。

撮影が美しく(青空の美しさ!)余計な台詞もなく淡々と進むなか終盤の展開に驚く。

邦題もキャッチコピーも中々好きです。

父という概念とか、象徴についていろいろと考えてしまう。
wikiには銀残しを使っていると書いてある。真偽は定かではないが、あの重苦しい雰囲気を醸し出したカメラには脱帽。
Мама красивая
母、美人
面白かった。

おとーちゃんが何者なのか気になる
それとボートに隠した箱も。

編集が好みじゃないけど
カメラや音は好みです。
小森

小森の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

父なの?他人なの?神なの?
miyu

miyuの感想・評価

3.9
12年間ウチに居なかった父が突然帰ってきた。。。

その父とイキナリ、3人で旅行へ行く事になった兄弟…

父がいなくても、このウチは上手く回っていた。。。
美しくて、優しい母と祖母とで平穏に暮らしていた。。。

そこに突然の父の存在!

兄のアンドレイは父を受け入れたが
弟のイワンは、横暴に見える父が受け入れられなかった。。。
(イワンはかなりのママっ子だ)

兄弟は仲良しだが…
調子が良くて、穏やかな兄に比べて
弟は怖がりで、頑固だった…

そんな兄弟の父の受けとめ方も
自ずから異なる…

親子の距離の縮め方は
ホントに難しい…

基本
子供自身に親の愛を感じさせないと
親の姿はどんなに愛があっても
横暴に写るし…
躾は暴力にうつる…

朴訥で不器用なお父さん…

画像も秀逸…
自然の美しく、厳かで、厳しい風景が
この映画を際立たせている…
Cem

Cemの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

父が落ちて死ぬところ声出して笑いました(;^ω^)だって急すぎてハラハラドキドキもなく一瞬の間の出来事で笑えましたw
終始重い雰囲気の映画で景色とかはすごく綺麗でよかった!
hagy

hagyの感想・評価

3.5
みんなレビューで父親が不器用だからうまくいかなかったみたいなこと書いてるようですけど、ちゃうよ
ママが甘やかしたからでしょう
だから子供は父親の気持ちを受け取れない
私にはほとんどわかったよ、まさに男ですね好き
hirotan

hirotanの感想・評価

4.0
子供との接し方は、いずれの父親も不器用なもの。
ああいう形でパパと呼ばれることになるとは…
>|