芳華-Youth-の作品情報・感想・評価

「芳華-Youth-」に投稿された感想・評価

Mao

Maoの感想・評価

-
ちょっとこれは2019年ナンバーワンかもしれん、、、
まさに青春。
かわいい女の子ばかりで目の保養。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.9
劇場で見逃したシリーズ。切ないけれど美しくて儚い、戦争を舞台とした青春群像劇。ダンスや歌のシーン1つ1つも魅力的で観入ってしまった。特に後半のシャオピンのダンスは彼女の色々な思いが溢れ出したようで、一番好きなシーン。
虐めの加害者たちが金持ちマダムになってたり幸せに生きてるのも、因果応報はないんだなあという人生の不条理さを描くと同時に、シャオピンとリウフォン2人の恋仲よりも深い絆は誰よりも美しく輝いてた。
スイツ=釈由美子、リンディンディン=山口百恵と天海祐希足して割った感じにしか見えなかった🙈中国の女優さん美女多いなあ〜
meet

meetの感想・評価

4.3
非日常的な状況下で、日常の美しさが芽生えていた。無情なままでは耐えられない、と殻を破って飛び立っていく様だった。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.0
冒頭から毛沢東の肖像画が映る。

毛沢東の思想で武装してってスゲェ歌詞だな。真っ赤っ赤な映画だなぁ。

どうやら大陸では大ヒットしたようだが個人的には普通。
えがきれい。
甘党

甘党の感想・評価

4.5
儚い青春映画
気づいたら涙が溢れてて
胸がいっぱいになった

レトロな雰囲気もとってもよかった
芳しき華、と呼ぶにはそれなりに残酷で無残な断片が多い青春時代ではなかろうか。もちろん若いからこその純粋さも描かれてはいるが、それよりもかなり俗で単純な感性が目立っていた。

中華人民共和国が成立してまだ若い時代、軍配下の文工団(慰問団)の中での青春群像劇。ラブストーリー的な面もあるが、ほとんどが相思相愛とはならずの横恋慕。結果的にひと組の永年の片思いがほのかにみのる。

むしろ軍事体制下ながら、その内部でこんなにも恋愛があった事には驚いた。やはり軍隊であっても、人間が生活し生きている証左にも見えた。そして教条主義的なところがあまり感じられなかったことにも今の中国社会のリアルを感じた。
源太郎

源太郎の感想・評価

3.8
途中の戦争シーンがいきなりでビビった。
青春が大きなテーマだろうけど、見た感想は戦争やめて。。ていうのが一番でした
美しい......
>|