nishiyan

キュクロプスのnishiyanのレビュー・感想・評価

キュクロプス(2018年製作の映画)
3.7
妻とその愛人を殺した罪で刑務所に入ってた主人公が、真犯人を殺すための復讐を描いたハードボイルド風サスペンスもんや。
自主製作やさかい、全く前情報あれへんし、殆ど期待もせんと観た。途中ところどころ「これ無いな」とか「駄作かな」っちゅう変てこりんな展開や演出もあんねんけど、最後まで観ると「あー、あれはこれの伏線やってんな」という着地も割りかしちゃんと出来てて、全体としてはそこそこ良かったんとちゃうかな。特に後半のどっちに転ぶか分からん展開なんかは緊張感あって正直おもろい。マジでちょっとハラハラしてもた。自主製作でこのレベルは合格やと思うわ。はっきり言うて、今映画館で上映されている邦画よりもおもろいんとちゃうかな。そこそこよう練られてるわ。
せやけど主人公の描き方にはもうちょっと議論があるんとちゃうかな。どこか冷酷、冷徹を貫かれへん、間抜けなとこがあんねんな。「ほんまに復讐する気あんのんかいな?」「このおっさんアホちゃうか?」っちゅうようなイライラしてまうシーンが多々あったわ。これ逆に狙いなんやろか?後半の展開考えたら、もうちょいハードボイルドを徹底しても良かったんちゃうかな。そのほうが、このおっさんの愚かさやら、優しさを際立たせたかもしれんな。どうやろ?
ラスト良かった。最後の最後まで「どっち?どっちにすんの?」って。ドキドキしたわ。結論、わしもあれで良かったと思う。伏線ほぼほぼ完全回収。色々あるけど、後味良し。