天然☆生活の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

天然☆生活2018年製作の映画)

上映日:2019年03月23日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

「天然☆生活」に投稿された感想・評価

#天然生活 を鑑賞。なんじゃコレャ!?あくまでも私的には)前半の積み重ねをぶっ壊す破壊力が後半に感じられず、期待していたカタルシスを得れず。
kyoko

kyokoの感想・評価

4.3
春の川瀬陽太まつり、ラスト。
最高に楽しかった~。

ボンゴと九ちゃんでなんだか泣きそうになって、
弱々しいしゃべり方と声音の川瀬さんが新鮮で、
きゃっきゃするおじさんたちが最高にかわいくて、
東京から来たマクロビ家族がいい感じにキチガイで(監督曰く自分の主義思想を押しつける人を分かりやすく具現化しただけで、決してマクロビとかビーガンをバカにしているのではないとのこと)
スクール水着に女優魂を見た(ご本人はゼッケンがあれば良かったと言っていた)

ラストの津田寛治は、これはもうなんと表現していいのか分からないけれど、とにかく素晴らしかったとしか言えない。

単館、21時の回のみだからか、お客さんは半分も入ってなかったと思う。(そんなに早く行ったわけじゃないのに先着10名様のポスター貰ってしまった。どこにも貼れない……)
もっとみんな観て!と叫びたいけど、万人受けはしないかな。。。

劇場ロビーにある、鑑賞後じゃないと開けちゃいけないハコは一見の価値あり。
でも思わず「ひゃっ」と声が出るのでご注意を。
CSWPSW

CSWPSWの感想・評価

3.3
公開5日目夜の回
12番で特典ポスターGet
舞台挨拶:監督&しじみさん
観客:40名うち女性10名弱

フォローしている方が
高評価されていて
予告編も謎面白そうで鑑賞

掴みは(*・ω・*)wkwk
中盤以降くぁwせdrftgyふじこlp
まだまだ修行が足りないようだ
映画上級者向けな感じ

残念なスクール水着は唐突で
レビュー読んでなかったら
気づかなかったかも?!

君は月夜にシャザム!な気分
遅ればせながらポスターw



おんなのこきらい以来の
新宿遅レイトショー舞台挨拶付
あの時と同様に挨拶見ずに
泣く泣く帰宅も午前様(´・_・`)
この映画、マジで面白い。おじさん3人のゆるりとした田舎のお話だと思ったら大間違い。良い意味で期待をたくさん裏切る‬
‪ユーモア、サスペンス?昭和の名作映画?様々な要素が入っている。‬
‪これはマジで観るべき映画だ‬
‪永山監督が、日本映画の未来を明るくしてくれると確信する
今年に入って早くも3本の主演作が公開された旬のおじさん川瀬陽太
「おっさんのケーフェイ」も「月夜釜合戦」もめちゃ良かったが…、くぅ…「天然☆生活」も最高やったぞ!

仕事も家も家族も無い50歳のタカシ、田舎の親戚の家に住まわせてもらい、貧しいながらも従兄弟や幼なじみとそれなりに楽しく暮らしていた、しかし東京からある家族が引っ越してきたことから彼の平和な生活が脅かされることになんよ!って話

これはあまり語れない映画です、語れたところで何と語って良いかわからない映画でもあります
劇場で予告を観た時は、う〜ん?「ヒメアノ〜ル」みたいなヤバイやつが日常を脅かす系のサイコスリラーかなぁ?津田さんがサイコパスやったら最高やなぁ!なんて思っていました
しかし、観た後から考えてもこれが何なのかよくわかりません…、うん、サイコパス的なヤツは出てきます、グロ描写もあります、大まかにくくればホラーでしょう?いや、ホラーを超えて現代の神話とでも言いましょうか?かといって「マーターズ」みたいなくだらない宗教映画でもありません…

ダメだ!ダメだ!「カメ止め」並のネタバレ厳禁映画なんでこれ以上は書きません
ただ、スク水大好きマシンボーイがガッカリするスク水が見れる事と、もう最高に面白いことだけは断言しましょう!

笑えて、怯えて、感動できる!
今公開中の作品の中で1番観るべき映画!断言!オスカー受賞作なんかに踊らされている場合か?是非観れ!

このレビューはネタバレを含みます

3/23(土) #永山正史 監督『天然☆生活』

私の特別大切な映画の1本:前作「#トータスの旅 🐢」より2年待ちに待った新作
~2/10(日)【#春の川瀬陽太まつり】第3弾の
『天然☆生活』遂に初日✨
初日レイトショーにも関わらず満席🈵!!
ロビーは熱気から皆のワクワク伝わる🔥

今度の #川瀬陽太 さんは、
【春の川瀬陽太まつり】で永山監督が
「川瀬サンの可愛さが凝縮された映画💕オッサンの可愛さ堪能する映画になっています!!」とおっしゃっていた通り、
〈川瀬サン史上、最強の可愛さ💓〉
幼馴染役の #鶴忠博 & #谷川昭一朗 様
と揃って3オッサンの可愛さ😍
&3人の幸せな時に泣いてしまった😭

田舎でボンゴ叩きながら歌い、幼馴染大切にする人の良い可愛い #川瀬陽太 サン(タカシ)💓
#谷川昭一朗 (ミッちゃん) & #鶴忠博 (ショウちゃん)様と
わちゃわちゃ3人楽しく幸せな時🌳

そんな幸せな3人・時を襲う
狂気の〈無添加家族〉😱💥
=都会からの〈無邪気な外来種一家〉による侵略☠️

あぁ、「トータスの旅」の〈#亀ちゃん🐢〉も可愛く大活躍💓
「トータスの旅」ファンにはたまらない♪
そんな〈#亀〉も、リードつけてお散歩させていたのに。
可愛くお散歩していたのに~😭

〈外来種/狂気の無添加家族〉の
#津田寛治 様&
#三枝奈都紀 さんが😨
2人の娘役
#秋枝一愛 ちゃんもスーパー❣️

あまりに可愛く、
そしてあまりに切ない映画でした😢

~本作こそ、究極の【#ネタばれ厳禁】!
【#ネタばれ注意】映画です!!

あぁ、涙した程切なかった😭~けれど、
激々面白かったです🎶
毎日でも観たい!!

都心: #新宿ケイズシネマ だけ、
それもレイトショーで💥
僻地住まいでなければ、
毎日観ても超楽しめる自信あり♪

川瀬サン始め〈オッサンの可愛さ〉あまりに可愛く涙しちゃう程スーパーです❤️
ぜひ可愛さを堪能されに観に行かれて下さい!!
〈川瀬陽太〉様を知らない方は、男でも絶対好きになっちゃいます!!
〈川瀬陽太〉というスゴい役者を〈津田寛治〉という素晴らしい役者と共に知る事になるでしょう!!!
超お勧め映画です🤗

『#岬の兄妹』今年No.1映画と絶賛✨していたら、別次元でNo.1映画現れちゃった。
また永山監督に「トータスの旅」に続いて〈心奪われてしまった〉‼️

映画好きな人は特に、見逃さないで!!!

◎【春の川瀬陽太まつり】
第1弾 #谷口恒平 監督
「#おっさんのケーフェイ 」と共に
《川瀬陽太スタンプラリー》があり、
2枚、川瀬さんのスーパー可愛いブロマイド
手に入れた😃✌️
絶賛ユーロスペースで上映中の
【まつり】第2弾だった #佐藤零郎 監督『#月夜釜合戦』の半券でももう1枚貰える!というの、もち初日観たのに!家置いてきて嘆きまくっていたら~
尊敬する映画好きの #Hardboild 氏が
「僕『月夜釜合戦』の半券持っていますよ!」
と心良くくださったのだ。
おかげで2枚目もGET!感謝過ぎた☘️

本作リピートで【川瀬陽太〈生写真〉】3枚コンプリートしたい‼️(Ksに在庫あるだけなんで💦)
もう既に2回目観たくてたまりません❗

★〈川瀬サンまみれになりたい〉欲望を
愛犬ナナ🐶に託してしまった🤤

※チラシのスタッフに〈#特殊造形〉の
有名な #百武朋 氏のお名前があり、、
「百武サマのお名前があるって事は?」
~何かが起こる💥と⁉️
いつ「来るか?」とドキドキ😅
~「来る!?😱きっと来る?」
〈穏やかで幸せな時間の先〉には・・・
可愛いだは、実にドキドキ映画でもあります😲‼️

もう絶対、超面白いから観て!!
また何度でも観たい!!!

またもや永山監督に心奪われてしまった💘
ヤラれた😅💦

⬇️

◎3/29(金)
初日から1週間経たずして、
ゲストが本作のこのお気に入りのポスターデザインされた、
〈神〉高橋ヨシキ 様で、
トーク聴きたさ💓
もう2回目観たくてたまらないわ!!
で、
無事〈川瀬陽太ブロマイド〉3枚も
コンプリートしました😃✌️
3枚コンプリートすると幸せになれるらしい!!~そう信じたい😌
2回目観ても、やっぱり泣けてしまい😭
だって川瀬サン、、涙💧

・・・津田寛治 サマは。。。

高橋ヨシキ様談で、
「『天然☆生活』ポスターはちゃんと意味持ってデザインされていて、
川瀬さんの後ろは後光が指すように光っている✨んだけど、
津田寛治さんファミリーの上には暗雲立ち込めている」
で、正に!!で、やっぱり凄いって心から感心した✨

☆本当の〈ネタばれ〉は、頑張りしていないよ‼️

#天然生活
#Kscinema
#オッサン
#おじさん
#オッサン祭
#生写真
#まみれ
#心
#心奪われ
#奪われる
#田舎
#都会
#無添加
#狂気
#高橋ヨシキ
#映画好きな人と繋がりたい
258

258の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

善意という名の無神経のことを考えた
本人が良いことをしているつもりでも、受け手にとってはそれがどれだけ痛いことなんだろう、ということを考えず相手と自分の境界線がないことの恐ろしさよ
後半のエクストリーム展開のあと、ちゃんと現実見ろ!!と生易しい展開ではないところに着地させるところにとても誠実さを感じる
前半・中盤・後半でイメージの異なるストーリー展開

中盤2/3までの感動を一気に覆す後半1/3は、初見では読めない面白さかありました。

閑静な田舎で、
タカシ(川瀬陽太)・ミツアキ(谷川昭一郎)・ショウ(鶴忠博)の昭和感漂うおじさん三人の挽歌から始まる(実際はボンゴの音)。
そして、都会から来た一家(夫:津田寛治、妻:三枝奈都紀、娘:秋枝一愛)が田舎の住人として加わり、ラストへと流れていく。

笑いあり、涙あり、感動あり、良い意味での裏切りもあって楽しかったです。

映画をジャンルを気にせず楽しめる方にはお勧めしたい作品です。

上映後のトークにて監督より、
男女の心理の演出を、それぞれを永山監督夫妻でされたそうです。
キャラの心理描写を追うだけでも何度か楽しめそうです。
主人公がボンゴを叩き始めた時点で恋に落ちた最初の1/3
脳内でmother!が再生されていた次の1/3
何を観ているのかよく分からなくなったラスト1/3
|<