フラットライナーズの作品情報・感想・評価

「フラットライナーズ」に投稿された感想・評価

Zero

Zeroの感想・評価

3.5
医学と神の領域は紙一重ってことやな。

神はそれを知っとるけど、人間はそこの領域を試そうとする。それが医学の発展に繋がっとる部分もある思うけど、倫理のことも考えたら、やっていいこととやったらあかんことは区別するべきやな🤷🏼‍♂️
ななこ

ななこの感想・評価

3.0
(ベッドシーン有り)ホラーじゃなくてなんか…シックスセンス的な…なんか…この設定ならもっと怖いのとれたよ…!ってなった
観ました。

臨死体験をしてその先にあるものを確かめる若者たち。
絶対に真似はしないでください。
それにしてもみんな若い。
MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
人為的に臨死体験するという設定は面白いんですけど、結局B級オカルトサスペンスの域を出なかったなぁ。起こったことが科学的に説明されるわけでもなく、あっと驚くような展開があるわけでもなく(最後なにも解決してないし)

一番感心したのが題名のセンスではちと淋しい。
WOWOW 録画鑑賞.
医大生たちの臨死パーティーは、キリスト教の話だと思う。
(生きながらにして)死後の世界を体験したいという生の極限を追求した作品。
しかも、主人公たちは医学部生だか研修医だか。

でもね、結論はね夢と同じなんだね。心の奥底の引っ掛かってるものが表面化してくる。
で、遂にはその夢から取りつかれちゃうの。でもね、心の引っ掛かりを現実世界で解決すると夢からも解き放たれるの。(そんな簡単にはいかねーだろって話よ。謝って済む問題でもない。)
深層心理学みたいな話になってて途中から「?」になったよ。

SFだね。
いやーおもろい

過去に依存しているのは
自分の中で

モヤモヤしているものは
ずっと心の奥底に残っている

それを解消するのは自分でしかない
そんな当たり前を教えてくれるええ映画。

結局自分が自分を乗り越えるしかない。

乗り越えて。
次のステージに。

自分しかない。
何ヵ月か前にローカル局の深夜放送で吹替版を鑑賞したのが初見。
ちなみにその時の吹替は日テレ版だったようだ。
キャストが良かったのと番組表で読んだあらすじに惹かれて観た。

「他の誰かを好きになってそういう事になったのならまだ理解はできるが、貴方は女性をモノとしか見ていない。理解できない。」
…という様な内容の、正論でしかない台詞だけは心に残っている。
全体的に利己的過ぎて、なんだかなぁ…という感想。
別物というリメイク版はWOWOWの放送を一応録画しているが、観るかどうするか……。
fun

funの感想・評価

3.2
公開当初から見よう見ようと思ってたのになぜか見ていなかったこの作品。
内容は死後の世界と言うよりは個々の過去への懺悔という展開でふーんって感じですがそれを上回る豪華な俳優陣の若々しさ、もうこの頃で完成されている美しさ。
ジュリアのフワフワの髪型とかこの頃大好きだったし、ケビンのあの少年のような眼差しにキュンキュン。
ジュリアとケビンのキスシーンにちょっと萌えました。
ボールドウィン家の色男はそのまま当てはまりそうな役だったり。
キーファーはフライトナイトより清潔感ちょっとあって(墓地のシーン)はフライトナイトばりでしたが…。後半はぼろぼろでしたが…。
オリバープラットは全然変わってないし(笑)
部屋とか小物や年代物っぽい大学病院?(全然病院ぽくないけど)メガネなど小物に至るまでオシャレに感じるポイントやロケハンに力入れてるなぁと感じるところがたくさんありみたかいはありました。
話題になったけどB級映画ですな
>|