ここは退屈迎えに来ての作品情報・感想・評価・動画配信

ここは退屈迎えに来て2018年製作の映画)

上映日:2018年10月19日

製作国:

上映時間:98分

3.3

あらすじ

「ここは退屈迎えに来て」に投稿された感想・評価

から

からの感想・評価

3.4
エンドロール好きだった
自分にとってはすごく特別な人でも、その人にとって自分は全然特別じゃない名前も覚えてないような存在で。すごく悲しいことだけど確かにあるんだよなぁ

好きな女優さんばっかで最高~!
たこ

たこの感想・評価

2.0
フジファブリックの「茜色の空」がすごくいい感じです。あんまり詳しくないけど名曲ですね。他の方のレビューにもありますが、『勝手にふるえてろ』に似たところがありました。誰とでも分け隔てなく接する人と、あんまり目立つ方ではない人の関係って難しいです。両者は絡んでも絡まなくてもいい方向にはいかないのかもしれません。いわゆる一軍の椎名が、つまらない大人になってしまったのがなんかリアルでいいなと思いました。僕もなんだか年々しょうもない人間になっていってる自覚があるので気をつけないとなと思いながら過ごす日々です。これが大人になるっていうことなんかな。わかりません。最近やっと面白いことを追い続けるにも体力がいるということには気付きました。今からでも体育会に入ろうか、検討したいと思います。ラクロス部以外で。
のと

のとの感想・評価

2.5
門脇麦が明け方の道路沿い、たぎりながら熱唱する「茜色の夕日」が良かった
dance3

dance3の感想・評価

3.6
何者かになれる人なんて、ほんの一握りだし、憧れてた職業についたって自分の人生100%肯定できる人なんているのかな?
人生なんてトライアンドエラーの繰り返しだけど、地元帰っても自分らしく生きれたらいいじゃないかと思う。現実味のある感じ好き。
誰でも持っている普遍的な気持ちを、誇張も謙遜もせずじーんと味わせてくれる良い映画でした。
きらめいた青春は、淀んだ退屈の中では毒なのかもしれない。
退屈は自分でなんとかするしかないんだけどね。
shiho

shihoの感想・評価

3.0
青春の憧れの人も、何でも叶うと思ってた場所も、どうにでもなってしまう。
どれだけ退屈でも誰も迎えに来てはくれない。偉くなくってもただただ生きて、むず痒いのも人生なのかな。
勝手にふるえてろだった。
GRP

GRPの感想・評価

2.5
ノスタルジックになった。

あの頃のキラキラした思い出は、
すごく限られた小さな世界の中のもので、
それでもその時はその世界がとてつもなく大きかった。

時が経てば、その世界は思い出の中のもので、
ずっとそのままでいることはできないし、
どんどん時は進んでいって、
確実にその世界とは違うところに行ってしまっている。

そんな世界があったことも、
ほとんど忘れていたりもするが、
それでも今という時を大事にしながら、
進んでしまったこの世界がどんなものでも、
私たちは何かを見つけながら、
見つけなくても何かを大事にしながら、
時を進めていかなくてはいけないのだろう。
話の進み方が難しかった。
成田凌の制服目当てで見たけど
話が入ってこなくてあまりしっかり拝めなかったなぁあ

曲が良い🎸
>|