君子

君のためのタイムリープの君子のレビュー・感想・評価

君のためのタイムリープ(2017年製作の映画)
3.9
ポスター(音楽聴いてるヒロインに主人公が見とれてるやつ)と予告編がすっごく可愛くて、しかも「私の少女時代 our times」の芸樺姐主演作だったので鑑賞。タイムスリップ要素のある青春映画だけど、思ったよりポップさは無くて、かつ、そもそものスタートが悲しいので途中は気持ち的に辛かったけど、後味は悪くないものだった。

まず、この映画の惜しいところから挙げると、主人公グループが夜中まで遊んだり、ビール飲んだり、タバコ吸ったりしてて、けっこうな不良に見えてしまって日常生活として共感できる部分は少なかったところと、主人公が少々自分勝手な性格(に見える描写)だったところ、タイムスリップ独特の緊迫感が無いところだろうか。

で、良かったのはやっぱり、劇中で何度も歌われる(この映画観るまで知らなかったけど)張雨生の曲の素敵さ。軽やかなのに物悲しい、まさにこの映画の感覚を表してる。

もう一度観たいような、いや逆に一度っきりのこの新鮮なイメージのままで置いておきたいようなそんな作品だった。(とか色々言っても、後ろの席のおじいさんは途中で寝ちゃってイビキかいてたので、感じ方は人それぞれだけど…苦笑)

芸樺姐の歌う「帶我去月球」はぜひ今後もずっと聴き続けていきたい。

2017.12.31. 百老匯 The ONE