RIO

ヘレディタリー/継承のRIOのレビュー・感想・評価

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)
4.7
※少々ネタバレについて触れておりますので、未鑑賞の方は閲覧をご遠慮ください。

ジオラマ職人という設定を最大限に活かした、「シャイニング」を思い出させるような、オシャレで秀逸なカメラアングルと映像表現。

あえて直接的に見せず、間接的に観客に情景を考えさせるような演出などが、本当に素晴らしかった。

母親役のトニ・コレットの演技も凄まじいです。
祖母の死をきっかけに、徐々に狂っていく様を素晴らしく演じていたと感じます。

B級ホラー映画でよくあるデカイ音で脅かす安っぽい手法を一切使わず、不穏な空気感と気味の悪い緊張感だけで、終始居心地の悪い恐怖を放ってました。

精神的にじわじわと精神状態を狂わせていく監督の技量にただただ脱帽…
本当に素晴らしい脚本だと感じます。
まさにホラー映画のお手本。

ただ、ラストが微妙…
終盤まで、
“何が怖いのか分からない恐怖”
を描いていたのに、ラストはまさかの、
「え、あ、そこ見せちゃうんだ…」
って思っちゃう感じ。

ノーラン的な、最後まで謎を残して観客にどうなったのか想像させるラストの方がよかったんじゃないかと感じます。
「ノクターナル・アニマルズ」が良い例。

あと、インパクトが凄まじく、嫌でも脳裏に焼きつくほどの怖いシーンはたくさん詰め込まれてるんだけど、ストーリー自体はそこまで興味深くはない。
「サイコ」や「ミザリー」のようなスリラー的要素を取り入れた方がもっと興味深いストーリーになったんじゃないかな。

不満点は少々ありますが、そんなこと気にならなくなるほど、内容が衝撃的。
思わず、声を出して叫びたくなるような描写の連続です。

終始、生理的に気持ちの悪い描写ばかりで、スプラッター的要素はあまり無いので、グロ苦手な人もそこまでビビらなくてもいいと思います。
(グロ耐性0の人は厳しいかも…SAWが観れたら絶対観れる)

気味の悪い空気感と気持ち悪い緊張感をベースに、洗練された一級品の恐怖をこれでもかと詰め込んだ傑作ホラー映画。

ホラー映画好きにこそ観てほしい作品です!