アンセイン ~狂気の真実~の作品情報・感想・評価

「アンセイン ~狂気の真実~」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.7
iPhone7で撮ったことや、実際にこういう事があるというのが凄い。映像も綺麗だしサイコ路線もしっかりしてる、さすがソダーバーグ監督。B級だとは思うけど良作!自分の言うことが何も通じないのは本当に怖い。。。
二回も寝落ちしたおかげで、オープニングやちょっとした伏線を充分に感じ取りながらの三回目は非常に楽しめた。
この手のストーリーでは、どうしても事態収束におけるションボリ感は否めないけど、さすがソダーバーグ、料理がお上手。

iPhone撮影は視野の狭さがストーリに合った効果を得られている。
ただ、iPhoneのレンズを使ったというだけなので所謂低予算物のそれとは趣意が大いに異なる。
宣伝材料と縛りありきの素材を、さすがソダーバーグ、これまた上手く調理したということ。

マット・デイモンのカメオ出演にビックリ。
Scigurhhh

Scigurhhhの感想・評価

3.8
オーシャンズシリーズなどで知られるスティーブン・ソダーバーグ監督の日本では劇場公開されなかった全編iphoneで撮影の2018年作。
お話は過去に訳アリの女性がそのトラウマから抱える問題の為、ある病院の様な施設に収容される事になるのだが、そこでは何故か施設から出ることができなかったり、彼女をストーキングしていた男性がスタッフとして働いていたり、施設のスタッフの対応がヘンだったりとおかしな現状を突き付けられる。
これが彼女の妄想なのか?現実なのか?といった旨の話。
流石、何処ぞの新人が撮った訳ではないのでiphoneで撮影とはいえ独特の間や映像の不気味さを含めた演出などは素晴らしい。
話自体も絶妙なバランスで緊張感と謎を保ちつつ進むので中々。実際のアメリカの医療機関に関する問題提起も含まれていてそれも恐ろしい。
近年の監督作に比べると地味な印象だがなかなかの良作。
gel

gelの感想・評価

-
いま自分が見てる世界を、結局は他人に証明できないことを示すようなちょっと哲学的要素を含む映画だった。もっとスリラー要素の多いエンターテイメント寄りの映画かと思っていた。

それにしても主人公が強い。狭い部屋で攻守が逆転したときのきっかけがよくわからなかったのが残念。飛行機のバージョンだったからかな?
rage30

rage30の感想・評価

-
「突然、精神病患者にされて、強制入院させられる」…という事は誰しもに起こり得る事で、身近な恐怖として感じられました。
感情的に振舞えば振舞う程に、病んだ人間として見られるわけで、この逃げ場のなさが恐ろしい。
「自分だったらどうするか?」と考えながら見てしまいましたね。

そんな強制入院される恐怖に加え、本作には「ストーカーが入院先で働いている」というスピンが加わります。
回想シーンにマット・デイモンが登場して、ストーカー対策を延々と語るシーンがありますが、ストーカーに狙われ人生を狂わせられる事と強制入院させられる事は、どちらも不条理で本質的には近しいのかもしれません。

面白いな~と思ったのは、ストーカーの男が主人公に対して言う「今の君は本当の君じゃない」という台詞。
普通の人間が病んだ人を見た時に思うのと同じ様に、ストーカーは被害者の事を病んでいると解釈するのだなと。
ストーカーの心理を追体験するみたいで、なかなか興味深かったです。

あと、もう1つ本作のポイントとしては、全編がiPhoneで撮影されている事でしょう。
序盤はクリア過ぎる映像に安っぽさを感じたのですが、中盤以降はほとんど普通のカメラと変わらない印象を受けました。
おそらく病院の薄暗い照明が、映像に深みを与えていたのではないかと、素人ながらに思います。

正直、画質面でiPhoneを使うメリットはあまりなくて、それよりもカメラ本体の小型軽量性・機動性にこそ、iPhoneを使うメリットがあるのかなと。
本作はカメラが接写するシーンがやたら多いし、変なカメラ位置から撮影されたショットがあるのですが、これらはiPhoneだからこそ撮影出来た映像だと思うんです。
しかも、接写したり、カメラ位置を変える事で、映画に緊張感や違和感を与える事に成功している。
本作に関しては、iPhoneを使う意味をちゃんと考えてるし、iPhoneだからこそ撮れた作品と言えるかもしれません。


いろいろと語りましたが、基本的には気軽に見れるサスペンス・スリラーです。
そんなに難しい話じゃないし、90分弱とサイズもコンパクト。
iPhone撮影に興味を持って見てみるのも良いと思うし、ソダーバーグ監督最新作として見るのも良い。
大傑作とまでは言いませんが、ちょっと小腹が減った時に見るジャンル映画としてはオススメですよ。
面白かったけど、もう一捻り欲しかった
McQ

McQの感想・評価

3.7
酷評の嵐!
平均スコアが低いお陰で普通に楽しめた。(精神崩壊系はそもそも大好物)

この女性がヤバいのか周りがヤバいのか??どっちもヤバいのはヤバいけど、程良い振り回しが面白い。

わざわざiPhoneでって書かれている方もいるけど、閉塞感が出ていて中々効果的だったと思う。

ジュノー・テンプルは個人的にお気に入り。大御所を脇に持ってくるところも好印象。
面白かった。
結局、生きている人間が一番怖い。
福之助

福之助の感想・評価

3.1
iPhoneあれば何でも出来ちゃうんですね~時代だわ

ざっくりとあらすじ
主人公はストーカーから逃れ遠くへ
軽い気持ちで精神科受診→強制入院→ストーカー男が働いてる!!
誰かーー!!助けてーー!!
でも誰も信じてくれません…もしかして自分がおかしいのか?!
こんな感じです。
観ていて何を信じたらいいの?!と感じるので入り込みましたね~
>|