5時から7時までのクレオの作品情報・感想・評価

5時から7時までのクレオ1961年製作の映画)

CLEO DE 5 A 7

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.8

あらすじ

若く美しい歌手クレオは、癌検査の結果を待っていた。パリの街をさまよい歩くクレオは恋人、仲間の音楽家、女ともだち、見知らぬ兵士など、人々との交流を通して、これまでは見えていなかった世界に気付く。そうして心の安らぎを少しずつとり戻した2時間後、クレオは医師から検査結果を告げられる。

「5時から7時までのクレオ」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.8
シアター・イメージフォーラムの特集上映「ドゥミとヴァルダ、幸せについての5つの物語」にて鑑賞。 『シェルブールの雨傘』の ジャック・ドゥミ、その妻で女性映画監督のアニエス・ヴァルダ。ヌーヴェル・ヴァーグの2大作家とのことだけれど、どちらの作品も見たことないです。

ヌーヴェル・ヴァーグとか言われても良くわからないので、この特集はひたすら「幸せって、何?」に焦点をあてて見ようかと。

で、こちらはヴァルダの作品。イメージフォーラムのウェブによれば、<キュートで哲学的なガーリームービーの金字塔>とのことだけど、オジサン的見どころは<哲学的>の方。

「私、ガンかも」と思っている女性ポップ・シンガーのクレオが、午後5時から医者に診断の結果を聞く約束の7時までの間(正確には1時間30分)、パリの街を右往左往しながら、気持ちがめまぐるしく浮き沈みする様子をひたすら見る物語。

彼女は交友関係が広いのだけれど、皆、クレオが心配しすぎという感じで、まともに取り合ってくれない。自分のことをかけがいのない存在と思ってくているだろうはずの親しい知人、友人、そして恋人までからも感じる無関心。

孤独と不安を味わいつつも、クレオは自分と向き合い、“捨てる神あれば拾う神あり”みたいなこともあって、幸せを見出していく物語、なのかな。限りある時間を自覚し、その中で1人でも自分のことをかけがえのない存在と思ってくれる人がいると思い込めれば、それで幸せ。

●物語(50%×4.0):2.00
・他人は自分が思うほど自分のことを真剣には考えてくれないという真実。嫌いじゃない。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・演出が凝っているのだろうけれど、そこのところを良く味わえない自分が残念。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・音楽が良い、らしかった。
スタイリッシュなモノクロ画像。
構図が決まっている。

クレオが癌への恐怖を持ちつつも、それを受け入れ立ち向かうであろうほんの2時間ばかりの心の動きを追う。

人の目ばかり気にしている自意識過剰気味な心が落ち着きを取り戻していく。

表情が段々と輝くように、見えていく後半はオープニングとは別人のようです。他人目線から自分目線へ移行していった。それが理由でしょう。

古さを感じさせない作品です。
iago

iagoの感想・評価

4.0
次々と映し出されるすれ違う人達の視線から感じられるクレオの不安感。友人と別れた後の明るい公園からちょっと気が晴れた気もして、画に色を必要としない演出がおしゃれだなぁって感じ。
アニエス・ヴァルダ監督によるドキュメンタリー・タッチの映画。
ある女性クレオが診断結果を待つ夕方5時から7時を描く。

映画は、占い師が女性クレオ(コリンヌ・マルシャン)をカード占いする場面から始まる。
ここで、占いに使っているカードはカラーで撮影されているのに、占い場面として人を映す時はモノクロ撮影としている。その後は、モノクロ映像で物語が綴られる。
冒頭場面は、何か実験的映像という感じあり。

さて、クレオは診断結果を待っており、今晩医者から結果の電話を受けることになっているが、心配でカード占いしてもらうが結果は良くなさそうで、心配は更に募る。
女性の友達と車に乗ったり、友達の知り合いに短編映画を見せてもらったりする。この短編映画はサイレント映画なのだが、なんとジャン=リュック・ゴダールが出演しており、思わず喜んでしまう!
映画の中の映画というシチュエーションも好きだが、そこにゴダールをも出演させてしまうあたり、ヴァルダ監督のセンスが光る。

更に、診断結果を心配するクレオが(風光明媚で景色などが美しい)公園で、ある饒舌な男と出会うのだが、その男は休暇が終わってアルジェリアの戦場に戻らなければならない兵士であった。
こうしたアルジェリア戦地の雰囲気も取込み、時事的なエピソードも取り込んでしまうヴァルダ監督の語り口の上手さに感心させられる。

「惜しい!」と思ったのは、冒頭カラー映像のような色彩で、本作の主演を演じた美人女優コリンヌ・マルシャンとその周囲の風景もカラー映像で観たかったことぐらいか。
「実際の色彩は、かなり綺麗だったのだろうなぁ~」と思える綺麗なモノクロ映画であった。
ネット

ネットの感想・評価

3.8
男と会う時の若干スローモーションとクローズアップ!
歌のシーンも好き。ズームだけで、映画は現実と空想の壁を越えられる。
カメオ出演のゴダール、帽子被ってるだけなのにキートンにそっくりすぎた。
一般に想像されるフランス映画の雰囲気に割と近いのでは。

このレビューはネタバレを含みます

アニエス・ヴァルダねえ…
ジャック・ドゥミが見初めた女、どんな映画を撮るもんだろう?と思えば、私にはあまり合わなかった。

見所は、階段を降りるクレオに合わせてテンポが変わるオープニング、ミシェル・ルグラン出演。くらいかな。
おしゃれなんだけどコリンヌ・マルシャンはそんなに可愛くないな??
タロットの種明かしが徐々にされていったのが素敵。
sc

scの感想・評価

3.8
カツラ外した後のクレオが綺麗
不安の駆り立て方とカメラの動きがおもしろい
otom

otomの感想・評価

4.5
水は低きに流れる如くな90分の中でテーマのシーンで時が止まる。アニエス・ヴァルダの演出も素敵だけどもやはりミシェル・ルグランが天才的。今を生きよう。
anya

anyaの感想・評価

3.5
クレオが癌の検査結果を聞くまでの2時間を切り取った映画。衣装、街並み、台詞までオシャレ!水玉模様のドレスの形がとてとかっこよかった。
>|