5時から7時までのクレオの作品情報・感想・評価

5時から7時までのクレオ1961年製作の映画)

CLEO DE 5 A 7

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.8

あらすじ

若く美しい歌手クレオは、癌検査の結果を待っていた。パリの街をさまよい歩くクレオは恋人、仲間の音楽家、女ともだち、見知らぬ兵士など、人々との交流を通して、これまでは見えていなかった世界に気付く。そうして心の安らぎを少しずつとり戻した2時間後、クレオは医師から検査結果を告げられる。

「5時から7時までのクレオ」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.8
シアター・イメージフォーラムの特集上映「ドゥミとヴァルダ、幸せについての5つの物語」にて鑑賞。 『シェルブールの雨傘』の ジャック・ドゥミ、その妻で女性映画監督のアニエス・ヴァルダ。ヌーヴェル・ヴァーグの2大作家とのことだけれど、どちらの作品も見たことないです。

ヌーヴェル・ヴァーグとか言われても良くわからないので、この特集はひたすら「幸せって、何?」に焦点をあてて見ようかと。

で、こちらはヴァルダの作品。イメージフォーラムのウェブによれば、<キュートで哲学的なガーリームービーの金字塔>とのことだけど、オジサン的見どころは<哲学的>の方。

「私、ガンかも」と思っている女性ポップ・シンガーのクレオが、午後5時から医者に診断の結果を聞く約束の7時までの間(正確には1時間30分)、パリの街を右往左往しながら、気持ちがめまぐるしく浮き沈みする様子をひたすら見る物語。

彼女は交友関係が広いのだけれど、皆、クレオが心配しすぎという感じで、まともに取り合ってくれない。自分のことをかけがいのない存在と思ってくているだろうはずの親しい知人、友人、そして恋人までからも感じる無関心。

孤独と不安を味わいつつも、クレオは自分と向き合い、“捨てる神あれば拾う神あり”みたいなこともあって、幸せを見出していく物語、なのかな。限りある時間を自覚し、その中で1人でも自分のことをかけがえのない存在と思ってくれる人がいると思い込めれば、それで幸せ。

●物語(50%×4.0):2.00
・他人は自分が思うほど自分のことを真剣には考えてくれないという真実。嫌いじゃない。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・演出が凝っているのだろうけれど、そこのところを良く味わえない自分が残念。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・音楽が良い、らしかった。
sonozy

sonozyの感想・評価

3.6
ヌーヴェルヴァーグの祖母とも呼ばれるアニエス・ヴァルダ初期の作品。1961年。
癌ではないかと不安におびえるシャンソン歌手クレオ(コリンヌ・マルシャン)の午後5時から医師に診断結果を聞く7時までを描いた作品。

午後5時。クレオは女カード占い師に見てもらっている。占い師は彼女が病気であることを読み取り、傷心のクレオは付き人アンジェールとアパートに帰る。
この時代からいたのか、シトロエンDSに乗る女性のタクシードライバーがたくましい。

広い部屋で下着になったクレオがぶら下がる健康棒!?や動物の形の湯たんぽも可愛かった^^

恋人ジョゼ(と言っても、見た目はおじさま..笑;)が部屋に来るが、忙しいとすぐに去ってしまう。

入れ替わりに音楽を担当したミシェル・ルグランが作曲家ボブとして作詞家と共に登場。
このレッスンシーンもいい!

気が晴れないクレオはウィグを外し、黒い服に着替え街をさまよい歩く。
(ここからのクレオが美しい)
街には蛙を何匹も口に入れる男や、腕に針を刺す男などの大道芸人も。
街の人々はエキストラではない一般の人のようで、皆さんクレオを見て振り返ってるのも面白い。

最後に寄った公園で川のせせらぎに耳を傾けていると、軍服を着た男が近付いてくる。
その夜、再び戦地に戻るという彼に親近感を感じ、一緒にバスに乗り、病院に向かうクレオ。

ゴダールとアンナ・カリーナ(結婚直後かな?)がクレオが友人と立ち寄る映画館のサイレント喜劇映画に出てくるのも良かったです。
車に乗るシーンが3回出てくるのだが、そのどれもが素晴らしい。画面のいたるところに動きがあって、ワクワクさせられる。
ageless505

ageless505の感想・評価

3.6
体調不良のため精密検査を受け不安におびえるシャンソン歌手クレオは、その検査結果を知らされる前の午後5時から午後7時までどのように過ごすのか。
クレオが感じる不安や焦燥・周囲の気遣いなどに触れながら、リアルタイムに時が経過してく。

ひとりの人間・ひとりの女性と見られる前に、”歌手”としてお人形のような扱いを受けてきたクレオ。病の不安を募らせながらも、散策や買い物、友人に会いに行くことで気を紛らわせ、淡々とパリの街をタクシーやバスで移動する。そんな様子をドキュメンタリータッチで描く監督アニエス・ヴァルダの不思議な空気感。

劇中映画でゴダールとアンナ・カリーナが三文芝居を披露してることと、本作音楽担当ミシェル・ルグラン自身が作曲家の役で出演してるのが貴重かも。
破滅的にピアノ弾きながら床に倒れこみ、クレオ演じるコリンヌ・マルシャンをイライラさせてる若き日のルグランがお茶目。
Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

2.5
フレンチ・ポップス歌手のクレオの一日を描いた作品。ヌーヴェルバーグのはしりのような作品で、物語は無いようなもの。
この作品、フランスを代表する作曲家でありジャズ・ピアニストでもあるミシェル・ルグランが俳優として出演した唯一のもので、出番は短いがピアニスト役でちゃんとセリフもある貴重な場面が一番の見どころ。
クレオ役のコリンヌ・マルシャンはブロンディのデビー・ハリーにちょっと似た美形で、この作品の後は『ボルサリーノ』に出た位でフェイドアウトしたのが残念。
nattsumin

nattsuminの感想・評価

2.7

自分がまだ子どもなのか高評価の理由はあんまり分からず…
クレオのわがままな性格が最後のほうに向かって開放的になっていく様子はよかった!
最初のタロットカードの場面の色使いがきれい🔮
YY

YYの感想・評価

4.0
一生に一度はこんなに場面と人物が移り変わり、せわしなく漂い続ける映画的な1時間半を体験したいもんだ。この映画を観たから半分体験したと言えなくもないけど。
クレオの生活圏が、画になりすぎる。歩いたり、タクシーに乗ったりするだけでもう映画。
公園で、たぶん唯一1人になって無音になった瞬間に、歌いながら広い階段を弾んで降りていくシーンの解放された感覚。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
‪「5時から7時までのクレオ」‬
‪今回BD買って久々の再鑑。冒頭のタロット場面をカラーにし主役の心境が分かるに連れモノクロの世界へと変わる…この映画は細部に拘りリアリティある生活が映し出されている。庶民的な魅力を感じる当時のパリの街並の様子が風韻と共に画面から伝わる。本当に傑作だと思う。‬
加賀田

加賀田の感想・評価

4.0
よしもとよしともの「青い車」で、小沢健二の「ラブリー」が流れる車内で女が男に「吐き気がするから止めて」というシーンがあって(男は車を止めて欲しいと言っているのだと勘違いする)、クレオがタクシーで音楽を止めて欲しいと言ったのに運転手が勘違いして車を止めるシーンのオマージュの気もしてきた
>|