5時から7時までのクレオの作品情報・感想・評価

5時から7時までのクレオ1961年製作の映画)

CLEO DE 5 A 7

上映日:2017年07月22日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.8

あらすじ

若く美しい歌手クレオは、癌検査の結果を待っていた。パリの街をさまよい歩くクレオは恋人、仲間の音楽家、女ともだち、見知らぬ兵士など、人々との交流を通して、これまでは見えていなかった世界に気付く。そうして心の安らぎを少しずつとり戻した2時間後、クレオは医師から検査結果を告げられる。

「5時から7時までのクレオ」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

3.8
シアター・イメージフォーラムの特集上映「ドゥミとヴァルダ、幸せについての5つの物語」にて鑑賞。 『シェルブールの雨傘』の ジャック・ドゥミ、その妻で女性映画監督のアニエス・ヴァルダ。ヌーヴェル・ヴァーグの2大作家とのことだけれど、どちらの作品も見たことないです。

ヌーヴェル・ヴァーグとか言われても良くわからないので、この特集はひたすら「幸せって、何?」に焦点をあてて見ようかと。

で、こちらはヴァルダの作品。イメージフォーラムのウェブによれば、<キュートで哲学的なガーリームービーの金字塔>とのことだけど、オジサン的見どころは<哲学的>の方。

「私、ガンかも」と思っている女性ポップ・シンガーのクレオが、午後5時から医者に診断の結果を聞く約束の7時までの間(正確には1時間30分)、パリの街を右往左往しながら、気持ちがめまぐるしく浮き沈みする様子をひたすら見る物語。

彼女は交友関係が広いのだけれど、皆、クレオが心配しすぎという感じで、まともに取り合ってくれない。自分のことをかけがいのない存在と思ってくているだろうはずの親しい知人、友人、そして恋人までからも感じる無関心。

孤独と不安を味わいつつも、クレオは自分と向き合い、“捨てる神あれば拾う神あり”みたいなこともあって、幸せを見出していく物語、なのかな。限りある時間を自覚し、その中で1人でも自分のことをかけがえのない存在と思ってくれる人がいると思い込めれば、それで幸せ。

●物語(50%×4.0):2.00
・他人は自分が思うほど自分のことを真剣には考えてくれないという真実。嫌いじゃない。

●演技、演出(30%×3.5):1.05
・演出が凝っているのだろうけれど、そこのところを良く味わえない自分が残念。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・音楽が良い、らしかった。
liverbird

liverbirdの感想・評価

4.0
2時間を1時間半にしたという事実が面白い。久しぶりのこの感じやっぱり好き〜
鑑賞者の時間と映画ない時間が一致することによって、クレオの感情の機微を捉えやすい。軽快なリズムと風景が◎
りほ

りほの感想・評価

4.0
図らずも世界に対しての感受性が変わっていくのを、おなじペースで見届けられる
脱ぎ捨てていく感覚

コミカルな動きがみずみずしー
5時から7時まで。
彼女の過ごす時間は、そのまま鑑賞者の時間とほぼリアルに重なるのがおもしろい。
あ

あの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

美しいだけのお人形さんが、自分をちゃんと人間として接してくれる人と出会い、死すら克服できるような強い人間になったところが好き
打算的低予算ドラマ
カメオ出演するゴダールとアンナカリーナ…!
クレオの体感している「時間」そのものが映画になっていて、面白いと思った。死について悩むクレオはどんどん表情が変わっていき、美しくなっていく。普段仲のいい人間の言葉ほど他人事のように聞こえて、ずっとイライラしているところとか、気分が沈んでいるからこそ普段見えないものが見えて不吉な気持ちになるだとか、誰にでもある日常そのものが映画になっている。個人的には、あるあるーという気持ちにさせてくれる映画だった。
ミシェルルグランが出て来てピアノを演奏するシーンは何回でも見たくなる!
画面の端に映る奔放な猫たちよ

彼女にとっての占いは色のついた世界なのもはっとする表現だった。
>|