Ryuichi

雪の華のRyuichiのレビュー・感想・評価

雪の華(2018年製作の映画)
1.5
宣伝は上手だったと思いますの一言。

フィンランドの街並みもっと活かそうよ!全編に対してあの尺のみ???
嘘でしょ!?
オーロラを除いてあの冬景色しか使わないならはフィンランドじゃなくてもいいよねと雪国出身の身からしては強く思った。
レヴィならさ有名なガラスイグルーとかあるじゃん!
海外ロケならもっとその景観をさー!

音楽はやっぱり偉大で、良い音楽が流れるとすげぇ良いもの見てる気分になるのね不思議と。葉加瀬太郎さん流石です。

ストーリーはとって貼ったようなちぐはぐで、、
病院のあのシーンなんてやりようによっては少しは感情移入出来たのに、何故あんなしっかり間をとってから「どうゆうことだよ!」みたいな台詞1つで片付けるかな散々病気のこと、ひったくり犯から助けてくれたことをひた隠しにしてたんでしょ??
もうどうやってそれが伝わっていくんだろうて思っていたらそれだもんなー

この手の映画はどれだけベタでも感情移入させなきゃだめでしょ!
登坂さんの台詞もほぼ同じところにアクセント置いてすごい違和感しかなかったし、言葉悪いけど下手だなと!
「ホットロード」で新人賞取っていたから多才なんだなーって思っていていざ見てみるとこれかと。
役の相性の問題なのかな
ただこの作品だと俳優の方々も可哀想なのかな

音楽、ちょこっとフィンランド、中条あやみ、この3点がなかったら0点の映画かなと思いました。