エディ中野

洗骨のエディ中野のレビュー・感想・評価

洗骨(2018年製作の映画)
4.8
家族の死を扱いながらも、シリアスになり過ぎず、物語を壊さない程度に適度に笑いをいれてくる演出のバランスが良かったです。

生と死、この世とあの世との境目を上手く繋ぐ見せ方が面白い。
バカにされたり別けられたりしそうな、鈴木Q太郎扮する内地の人をしっかり受け入れ、沖縄以外の人にもわかりやすくした見せ方も素晴らしいです。
島の人々の生活感がわかるような演出や、海とブランコの風景も美しかったです。

沖縄のおばちゃん達ってみんなあんな感じなんですか?
なんだかすごく関西のおばちゃんみたい…

奥田瑛二はいつもの悪そうな感じではなく、ちょっと情けない感じも良かったです。
初見の水崎綾女が素晴らしかったです。

ガレッジセールが監督だからって観るのを躊躇してる、または迷っている方は損しちゃいますよ。
邦画界に今後が期待される凄い監督があらわれました。
本年屈指の邦画作品になると思われます。
オススメです。