フクイヒロシ

洗骨のフクイヒロシのレビュー・感想・評価

洗骨(2018年製作の映画)
3.5
う〜む。残念。。

説明台詞が多い。。。。

全部セリフで言う。

なんか思い出グッズがひとつ出てきたら
「長ゼリフいきます!」みたいな感じで
一から十まで全部言う。

しかも大事なことは2度3度言う。
(喋り過ぎだからインフレ起こして大事なことを何度も言わなきゃいけなくなる)


ダメな父親役の奥田瑛二も
「俺はずっと死んだように生きていたんだぁ!」って。。

それまで延々と死んだように生きる父親の姿をしつこく映してきて、いよいよ何喋るのかと思ったら。。
知ってます、観客全員。。


****


で、
酒ビンとかカチューシャとかのポイントアイテムをテレビのインサートのようにアップで明瞭に写す。


無音演出も好きですね。
無音も何回も来る。


絞って!
ポイントを!


この程度の情報量で混乱しないで欲しい。



****


結局、
大島蓉子が助言するとみんな改心する。

大島蓉子映画でした。


ラストの大イベントも大島蓉子が全て指示。


サノスも大島蓉子が説教すれば改心したんじゃない?



****




こりゃダメだと思ってたけど
さすが洗骨のシーンは素晴らしい。

棺を開ける時の恐怖から
綺麗なタオルで頭蓋骨を拭く時の愛おしさへの心の変化を観客も体感できる。

素晴らしい。

この儀式自体が持つ威力を監督も信じていたから、
ここでは淡々と動作を映したんでしょう。

それで良かったんだよ。
前半も。
セリフなくてもちゃんと生活を映してれば心情はわかるから。


(でもやっぱガマンしきれずに子役に余計なこと言わせちゃうんだけど…)


****


ああ良かった、持ち直した
と思ったらまたドタバタ!!


水崎さんの名演があったから良かったけど、
ドタバタがまた長くてくどい。。



生と死というテーマはもう妊婦として登場した時点でわかっとるから。。、




****




監督は泣きのシーン=臭いと思ってるから
泣きのシーンの後には必ずコント的な笑いを入れてきて
照れ隠しでごまかし演出をしたいらしい。


ハマってるギャグもあるんだけど
劇場がシーーーーーンとすることも多かったですよ。
このシーーーーーンって、、観客も辛いんです。。


泣きのシーンだってあっさりサッと切り上げることで
より一層悲しみが増すことだってありますからね。