のんchan

洗骨ののんchanのレビュー・感想・評価

洗骨(2018年製作の映画)
4.9
思い出して書きます。
鑑賞直後じゃなくてもずーっと心にしっかりと刻まれた作品だから‼️

映画予告を観た時から、絶対に観たいと思った作品。
ガレッジセールのゴリさんが脚本・監督するなんて凄い才能!
奥田瑛二をどう操るのかも見ものだなと思っていました。


沖縄の離島・粟国島に残る風習【洗骨】をテーマにしています。
聞き慣れない言葉でしたけど、作品を通して家族の絆・祖先とのつながりをしみじみ深く考えさせられる素晴らしい作品に仕上がっていました。

亡くなった人を土葬や風葬をした後、4年の月日を経てから、家族みんなで骨を洗う儀式なんです。
ちょっとギョッとする話ですけど、それがなんとも神聖で涙無しでは観られません。

でもそれだけだと神妙になり過ぎる感があるので、そこは芸人さんの笑わせたい精神がてんこ盛りになっています。

キャストも皆さん適役で良かったし、笑って泣いて、また泣いて、そして笑える。
なんともほっこりとする最高傑作だと思います🌟