しんめん

洗骨のしんめんのレビュー・感想・評価

洗骨(2018年製作の映画)
4.2
気になっていた作品なので
鑑賞させて頂きました。
初監督作とは思えない程ゴリ様の
手腕に脱帽してしまいました。
脚本も手掛けているとは
恐れ入りました。。。
笑ってしっとりさせる緩急が心地良く
感じ、いい映画を見たな~と素直に
言える作品です。
まず、映画に凄く相応しい題材では
ないかと思いました。
着眼点が素晴らしいですね。
こんな”風習”があるなんて
ビックリしましたね。
”あの世""この世”の堺目。
家族揃って骨を洗う"風習"。
その場所で出産する場面は生と死を
相対的に見せると同時に
伝えるべき風習、世代を繋ぐ風習
なのではないかというゴリ監督様拘りの
場面なのではないかと感じました。
何と言っても父の姉を演じる大島蓉子様
でしょう。
映画の肝となる重要な役柄です。
肝っ玉母さん的な役柄をコミカル且つ
シリアスに体現しているのが
素晴らしいです。まさにはまり役ですね。
過去を引きずる父、
しかも申し訳なさそうに敬語を話す
奥田瑛二様の役どころには
ビックリしましたね。
鈴木Q太郎様を起用する手腕も
すごいですね。
登場シーンはえっ?お前かよ!
そして、彼がいつの間にか寝てしまう
シーンは心底爆笑してしまいました。。。
見つめる水崎様の冷たい目線も最高です!
”仙骨”を通して家族が再生する
ストーリーと同時に心も洗われるような
作品です。
この題材を取り上げたのは
ケンミンSHOWに出ている
所以でしょうか。
沖縄民謡も素晴らしいですね。
言い忘れましたが、
子供がSEXを言い放つ場面が最高です!