ペンギン・ハイウェイの作品情報・感想・評価

「ペンギン・ハイウェイ」に投稿された感想・評価

一見、夏休みの子ども向けなファンタジーアニメに見えるかもしれないけど私が声を大にして言いたいのはこれはとってもしっかりとしたSF作品なのだということです。
大人が見てこそ楽しめる作品、みんなでお姉さんの謎解きをするが良い。

原作から本当に大好きなので動くお姉さんやアオヤマくん、海、ペンギンが生まれる過程が可視化できたのは嬉しかった。
みんなもっとこの映画見てほしい。私は大好き。

1番好きなのはラストシーンでアオヤマくんがお姉さんに宛てた言葉なんですがその後にちょっとした原作にはない部分が付け足されててそれもとってもよかった。
エンドロールでめいっぱい拍手したい気持ちになりました。
すっごくヘンテコリンな、何をしたいのか?謎な映画でした。

内容を要約すると、ただの『おっぱい』の映画なんですけど。

いや、割合本気です。すっごく肯定的に『おっぱい』を描き、扱っています・・・

いや、もちろん男子はみんな大好きだと思うし、きっと女子だって好きな人は多いと思う、まぁ母性的なものの象徴でもあるし。

んでも、なんか、すっごく、一方向的なんですよね、批評的でもなく、メタ視点もなく、単純に、純粋に(すみません、もっとネガティブ的に言えば『バカみたいに』)、『おっぱい』について扱っていて、どうにも飲み込みにくいんだな・・・

ええっと、絵は大変綺麗ですし、ペンギンも可愛く描けてますし、アニメーションとしての動きの気持ちよさ、あります。

でも、お話しは、そしてこれだけ焦点を当てている『おっぱい』に対しての物凄く平面的な、一方向的な見方を肯定しているようで、そこに幼児性は感じる。

ネタバレはコメントに入れますけど、うん。

あと、アニメーションという作品に刷り込みとしての声、というバイアスがかかっている可能性も否定できないけど、お父さんとお姉さんの声が異質すぎ・・・どっちも役者さんみたいですけど。特にお姉さんは、ちょっとその他の設定が甘々なのに、ココだけ急に低い声だと、すっごく違和感感じた。どっちも良く知らない役者さんですけど、なんかそれ以外の方の声と違い過ぎて引く・・・まぁそうは言ってもアニメーション作品だと、って事かもしれない。

小学4年生の子が、世界の秘密を探す話し。すっごくスケール大きいのに、その風呂敷のまとめ方はどうなんすか?という作品に感じた。


ファンタジーって都合良い展開であるのは仕方ないけど、映画内リアリティとのギャップは如何ともし難く、という作品です。


こんだけてらいなく、おっぱいって単語を使う事になるとは思わなんだ。

でも、理屈なんかどうでも良くて気持ちよくさせてくれ!という方にはオススメ致します。
リリィ

リリィの感想・評価

4.0
・圧倒的爽快感
・蒼井優のお姉さん役
・少年のノートが良い

このレビューはネタバレを含みます

個人的にはもう少し前半からファンタジー描写を増やしていれば作品に入りやすかったかもしれない。
生と死という生き物にとって普遍的なものを大人と子供の世界観で話をまとめきれてない印象もあり、正直何にフォーカスしようとしていたのかが不透明。恐らく子供の冒険心や探究心を生の象徴の位置付けで描いているが対比としてその探究心を拒む大人の存在が弱い。
女児

女児の感想・評価

-
森見登美彦
ジュブナイル調の語りなんだけどもろファンタジー
少年とおねえさん
Mito

Mitoの感想・評価

3.9
絵がめちゃんこ可愛い
橋爪舞

橋爪舞の感想・評価

4.0
上映中、映画館で観ました

とにかく描写がとても綺麗
明るめの色合いがとても多く鮮やかな映像でした。
なつか

なつかの感想・評価

4.0
話アレンジしてるとこはあるけど原作読んだ時に感じた雰囲気そのままでめちゃめちゃ良いジュブナイル◎音楽と動きでより感情揺さぶられたし最後はやっぱり寂しくって泣けてしまう
明

明の感想・評価

4.0
平成最後の夏にこの映画をみれたわたしの人生は最高。小説も映画も大好き。
>|