ペンギン・ハイウェイの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

「ペンギン・ハイウェイ」に投稿された感想・評価

2019/2/10
ブレイブストーリー的な、ファンタジーの冒険ものかと思ってたら哲学だった。笑
子供が観ても理解できないやろなぁ。
とにかくペンギンが可愛い。私もペンギン出したい。
少年がおっぱいとおっぱいとペンギンの謎を追うひと夏の物語。
yuna

yunaの感想・評価

4.4
分からないことは分からなくて良し。
aym

aymの感想・評価

3.5
原作は読んでいないのですが、森見さんっぽいなーと思いながら観ました。
突如として出現したペンギンたちの不思議さが、日常世界に根付いた登場人物たちと絡み合ってなんとも摩訶不思議。この違和感が森見さんの魅力っぽい!!
それから、少年たちの冒険譚的な要素もあって、ちょっといつもと違う道を通るだけでなんだか大冒険してるような気持ちになる、あの懐かしい気持ちを思い出しました。
あとは一夏の甘酸っぱい恋と、少年の心の成長が見どころ。
謎がしっかり解明されるってわけでもなくいので、好き嫌い別れるかもですが、私は好きでした。
少年の成長を描いたジュブナイル系なんやろうけどファンタジー的な部分とか謎な要素とかがよく分からんかった。ジュブナイル系もファンタジーも好きやけど、これは正直あんまり好きじゃないタイプの映画。
magnolia

magnoliaの感想・評価

4.1
日常におけるファンタジーとして、とても楽しく観た
不思議要素が山ほどあるのだが、登場人物が日常に根づいたしっかり設定なので発散せず物語についていける
お姉さんでさえ、普通の人として魅力的なキャラだ

子供の頃、世界が狭く無知であるがゆえに、こっそり想像しては楽しんだり怯えたりしていたことの一つを映像化された感じ、すんなり童心に帰ることができ、観賞後は大人の日々を振り払ったかの如く清々しい気持ちになれた

原作は本だそうだが、これがどのように言語化されているのか興味がわいた
reiko610

reiko610の感想・評価

4.0
原作を読んでいたので、あの場面がこうなるんだ!とわくわくしながら楽しめました。

現実とファンタジーが混ざり合う寓話的なストーリーなので設定や展開も唐突ですが、わかるようなわからないようなメッセージが森見作品の良さのひとつかと思います。

阿部海太郎さんの音楽もよかったです。
幼き少年達のひと夏の大冒険。

序盤はおっぱいに意識がいってしまうが徐々に広がる謎の世界観。

考察しつつも見所は幼き少年の初恋や子供ならではの繊細なシーンは懐かしくもあり微笑ましい。

日常の中に起きた非日常的な物語。

そして甘酸っぱく忘れらない初恋。
NoRockwell

NoRockwellの感想・評価

3.0
謎はとけないまま
アニメだからOK的な作品。
分からないことがたくさんあるけど、少年の不思議な話。
もしかして、これは全部少年の妄想なのかなとも思った。
蒼井優の声がずるい。
それだけで、なんかいい作品だった気がする。
>|