ぱたごらす

フード・インクのぱたごらすのレビュー・感想・評価

フード・インク(2008年製作の映画)
4.0
「キングコーン」はわりとほのぼのな感じでしたけど、こちらはより硬派なアメリカの食に関するドキュメンタリー。

今まで耳にしていて、ある程度は知っていたことでも映像として改めて見せられると衝撃です。

「工業食品」「食べ物を設計している」とか耳を疑う言葉の数々。

安いモノには安いだけの理由があるんだな、食べ物もバスも。

悪名高いウォルマートですら、有機コーナーを設けるようになった今(もちろん儲けの為ではありますが)、自分が何を食べているのかをしっかりと知る必要がありますね。

“システムを変えるチャンスが1日に3回ある

世界は変えられる ひと口ずつ

変革を心から求めよう”