フード・インクの作品情報・感想・評価

「フード・インク」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

5.0
工業食品業界(大規模農場、畜産場、大企業の小売り店)の裏側を知るためのいいきっかけとなるドキュメンタリー映画。

工業家畜、それを支える工業穀物製造の過程は、他の工業製品となんら変わらず高効率、利益至上主義で行われている。
しかし、この制度を知り批判したところで、消費者は価格が安い商品を日常的に選んでしまう。業界全体がかわるためには一消費者がどうやってその食品が作られたのかを考えながら選択する必要がある、というメッセージで締めくくられている。

ドキュメンタリー映画はあくまで考えるきっかけを与えるに過ぎず、映画内の情報を鵜呑みにせずに、その後自分なりに調べることが必要だ。
ゲイル

ゲイルの感想・評価

3.0
食品業界の不正を暴く映画
問題なのは行き過ぎた資本主義だねって話
ただアメリカ3億の国民を食わせていく方法が他にあるのか?という疑問も持った
AAAA

AAAAの感想・評価

4.0
撮影の距離感、カット尺良。
シーケンス頭のカット積みがうまい。
yamunashin

yamunashinの感想・評価

3.0
国民を食わせる、という政の根本を考えさせられる映画。食わせるために何もかも許されるのか。恐るべし巨大肥料コンツェルン、歩けないブロイラー鶏などなど。
yuzoo

yuzooの感想・評価

3.0
授業で見た。
さと

さとの感想・評価

3.6
10年前の作品ですけど、今はどうなっているのか気になりました。
農家の人が大手食品会社から操り人形のようにされている状況を見て信じられない気持ちになりました。
草食の牛にも鶏にもトウモロコシ食べさせてるとかちょっとこわい。
その中でもきちんと育てている農家の方もいたけれど、少数派なんだろうな。
行き過ぎた資本主義の弊害。

日本はまだ表示義務とか結構ちゃんとしてるので、アメリカほど酷くはないと思いたい。
と言いつつここ数年ファストフードは食べてないです。
この映画を見て余計食べたくなくなりました…
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.0
ながら見

残酷

向き合うべき問題
Gumi

Gumiの感想・評価

3.9
大学の講義で観させられてすごい印象的だったのが隠しカメラで映された工場内。

普段食べているマックの牛やら鶏やらあんな育て方されてるなんて想像もつかなかった。

でもマックは美味しいから食べたくなる。
現実に目を背けながら…

食肉に限らず店で売られてる商品の原産国と原材料はしっかりと確認して買わなけれならないと改めて思わされた。
ss

ssの感想・評価

3.9
知っておくべきこと
>|