diesixx

サーホーのdiesixxのネタバレレビュー・内容・結末

サーホー(2019年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

『バーフバリ』のプラバース主演作。
裏社会を牛耳る大物の死をきっかけに、裏組織内の権力争いに警察組織の囮捜査が絡む犯罪アクション。覇権争いする組織内のグループと警察のそれぞれに潜入捜査官やスパイや裏切り者がいて、しかもインド映画慣れしてないためキャストの顔がなかなか覚えられないことも相まって、前半はかなり混乱。
タイトルロールのサーホーが明らかになるまででちょうど半分。そこから先は、誰がどちらの側についているかを探りながら見るために結構疲れた。
プラバースの低音ボイスとニヤケ面、隙あらばだだ漏れてくるセックスアピールに爆笑しつつ、しっかりと楽しむ。ヒロインと踊りながらのガンアクションやサーホーの正体が明らかになるオチなど、終盤は『バーフバリ』を意識した、というか『バーフバリ』を前提としているかのような展開も目立つ。
アクションはキレがあり、面白かった。