ハレルヤ

サーホーのハレルヤのレビュー・感想・評価

サーホー(2019年製作の映画)
3.7
インドの架空都市ワージーを牛耳る犯罪組織の首領ロイが暗殺される事件が発生。彼の資産であるブラックボックスと組織の後釜を巡り、警察も含めた壮絶な戦いを繰り広げるアクション映画。

主演は傑作「バーフバリ」シリーズのプラバース。そしてこの面白そうな物語。なので期待満々で鑑賞しました。

まずプラバース演じる主人公サーホーが不死身すぎる。丸腰でも武器持った敵を相手にあっさり無双。高所から転落しても毎回生きてる。銃撃戦でも余裕綽々。ゲームでもこんな無敵主人公いないだろと感じるくらい完全にチートレベル。

そんなのが主人公なんだからアクションも空前絶後のやりたい放題。ハリウッドでもここまでやらんだろ?と言うくらいの撃ちまくり、殴りまくり、爆破しまくり、壊しまくりでアクション目当てだとかなり楽しめると思います。

ただ他の方もレビューでも言われていましたが、ストーリーがややこしすぎる。登場人物たちの立場がコロコロ変わるし、裏切りや駆け引きが多過ぎて追うのも疲れる。登場人物の顔もそれぞれ似すぎてて区別が付きにくい。

そして長い。3時間近くは流石にしんどかった。特に前半はテンポ悪すぎてもっと上手くカット出来ただろうと思うほど。2時間そこそこならもっと密度が濃くて良い感じに楽しめた気がします。

色々言いましたがエンタメ作品としての体はしっかりしていますし、どんでん返しも用意されているので、気になる方で時間に余裕があるならば一度見てみても良いと思いますね。