門倉カド

サーホーの門倉カドのレビュー・感想・評価

サーホー(2019年製作の映画)
4.5
意外な裏切りが痛快。ツッコみ無用の超ド級アクション!!

【賛否両論チェック】
賛:大事件を追いかける主人公達の活躍の中で描かれる、意外などんでん返しの連続は秀逸。アクションも規格外の迫力で、思わず圧倒される。
否:主人公が危ういところでいつも助かったりする辺り、展開は非常にご都合主義。インド映画特有の歌や踊りも入るほか、上映時間も長め。グロシーンもあり。

 やはりインド映画なので、少な目ではありますが歌や踊りが入ります。また、上映時間も結構長い方です。まずはその辺で好みが分かれそうなところかと。
 犯罪組織の跡目争いと、巧妙な連続強盗事件。一見関連が読めない2つの大事件に、覆面捜査官達がどう関わってどう挑んでいくのか、その辺のストーリーは要注目です。特に物語の中盤とラストに訪れるどんでん返しの連続は、かなり意外性があって衝撃的です。
 ただし展開は“超”がつくほどのご都合主義。アクション映画によくあるような、主人公が危ういところを毎回ギリギリで助かったり、近未来の設定をイイことに、超ハイテクなメカがいきなり登場してきたりと、ツッコみどころも満載です。
 そうした点を差し引いても、やはりアクションはド迫力で、観ていて圧倒されてしまいます。あまり深くは考えずに、そうしたアクションや前述のどんでん返しを堪能したい、そんな作品といえるかも知れません。