滝井椎野

サーホーの滝井椎野のレビュー・感想・評価

サーホー(2019年製作の映画)
4.5
非常に素晴らしいエンタメ映画だった。
アクションは派手で内容もなかなか捻りがある。何より多少強引にも感じられるシーンを、それでもこの人なら確かにやれそう……と思わせてくれるプラバースは流石だった。バーフバリにも通じるヒーロー性がこれでもかと発揮されており、日本でいうキムタク同様、良い意味での何を演じてもプラバース! が確立されてきたように感じる。
驚いたのがプロローグの長さで、映画一本分くらいの内容をやったのではないだろうか。恐らく、今まで観てきた中でもトップの長さだったのは間違いない。タイトルがドンと出てきたときに、今までのはまだ本筋が始まってもいなかったのか! と、衝撃を受けた。かといって、それがつまらないわけではないのだから凄い。
キャラクターの魅力や、ジェットマン等の心揺さぶるアイテムについてまだまだ語り尽くせるものではないが、何においてもまずは体験してほしい作品。