天パ太郎

サーホーの天パ太郎のレビュー・感想・評価

サーホー(2019年製作の映画)
4.8
宝石泥棒が発生するも、犯人が見つからない。
それを調査することになったのは、覆面警察官。

同じ時期、暗黒帝国のとある街で、地下組織のボスが抗争に巻き込まれて死亡。
輸送途中の2兆ルピーの金塊も盗まれてしまう。

果たして、真犯人は!?



バーフバリ主演俳優のその次の作品ということで、鑑賞。
前評判でも、起承転転転転転転転転みたいな感想を見ていたので、どんなもんだろうと。


結果、これは鬼作です。
インド映画で一番好きなバンバンに、マッドマックス、アイアンマン、バーフバリを追加して作ってしまったみたいな作品。

『ロボット』が日本で上映された時に、「訳わからんが面白い」というキャッチコピーで売り出されたが、まさにあれ。
正直、訳わからんというレベルではない。


展開が速すぎるとかではなく、もう置いてきぼりで、結果周回遅れで展開に乗っかれるという感じ。

情報の洪水に流される感覚を楽しめるかどうか。



あと、ヒロインのシュラッダー・カプールが可愛い。カトリーナ・カイフ以来の逸材。
『愛するがゆえに』の時はそこまで感じなかったのに…。
ただ、踊りはあまり上手くない笑。
もっとヒットして欲しい作品。