誠治

恋愛依存症の女の誠治のレビュー・感想・評価

恋愛依存症の女(2018年製作の映画)
3.5
199分の長尺と事前に分かっていたので、途中爆睡覚悟だったが、案外楽しめた。
鏑木の世界とニコの世界を平行で描き、やがてそれが交わる。
ラストの喫茶店へ全員が集約する構成は、何かの映画に似ているようなんだけど思い出せず。思い出したら追記します。タランティーノだったかな?
長尺と、細かいカット割りの使い分けで割りとテンポもよかった。
初めて、鏑木とニコが同じカットに登場した時は少し鳥肌!
エビちゃんと五反田のやりとりが爆笑。
アフタートークで監督も言っていたが、なかなか女優陣が魅力的だった。
(喋った事はないがバイト先も同じ)小島彩乃に至っては、前出演作も観ている始末。
いい仕事してますな。