eririn

未来を乗り換えた男のeririnのレビュー・感想・評価

未来を乗り換えた男(2018年製作の映画)
3.6
偶然の成り行きが彼を小説家にし、愛する人に引き合わせる。
邦題のようには未来への乗り換えを求めていないように、マルセイユに残る彼は本物の小説家に見える。
叙情的で気が重い映像だ。