singer

春待つ僕らのsingerのレビュー・感想・評価

春待つ僕ら(2018年製作の映画)
2.3
最近観た青春映画の中では、1番乗れなかった作品でした。
ストーリーもやたら軽くて、登場人物たちの思いや、
その背景にも深みがなく感じたし、
台詞や行動に、繋がりを感じることもなく、
ただ、女の子の思い描く理想の上っ面を掬っただけという印象しか残らなかったです。

なんか、少女漫画原作ものは、結構合うものと合わないものがハッキリしてて、
どうもやっぱり恋愛物は、微妙なものが多いですね。
映画になると時間の都合上、
細かな心理描写が端折られがちになってしまって、
友情や恋が深まる過程に、感情移入出来ず、
どうもダイジェストを見てる気分になることが多いです。
なので、キメ台詞とかも、唐突に繋がりない場面で言われてしまうと、
ただ歯が浮くだけで、感動やときめく部分も薄まってしまうし。
てか、まぁ歳取ったオッサンには、ハナから向いてないのかも知れないですけどね。

後、キャスト陣で言うと、
元々ちょっと苦手だった土屋太鳳の、
苦手なトコが全開な感じで、また苦さを増しちゃった感も残りましたね。
北村匠海も、期待してる俳優さんですが、
最近この手の、ちょっと寡黙な好青年系の役柄ばかりなんで、
そろそろ違う部分も見てみたいなぁと。

でも、この2人でユニット、「TAOTAK」として歌った主題歌は、
わりと良かったですね。
北村匠海は、ロックバンド、DISH//のヴォーカリストなんで、
当然、歌に関しては良いとして、
土屋太鳳の歌声が、結構真っ直ぐで、透明感があって、
作品の主人公と程良くリンクしているようにも聴こえたし、
作品のエンディングを爽やかに締めてたと思いました。