singer

コーヒーが冷めないうちにのsingerのレビュー・感想・評価

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)
2.6
「喫茶店内、座る席、コーヒーが冷めるまで」。
という、かなり限定された条件下でのタイムスリップを、
上手く使いながら、登場自分たちそれぞれのエピソードを、
卒なくまとめましたという感じで、悪くは無かったんですが、
大きく心が動くような、強い感動は無かったですね。

それなら、もっとそれぞれのエピソードを広げたり、
さらに人物を加えて、テレビドラマのシリーズにして、
深く描いてっても良かったのかなぁと思いましたが、
映画の尺でやるには、少し小さくまとめ過ぎられてた感がありました。

キャスティングや、登場人物たちのキャラクターや設定も、
なんか無難な印象しか残らなかったし、
主人公の有村架純も、1番綺麗な飾り物みたいに見えて、
可愛らしいけど、それ以上のものは感じなかったなぁ。

ということで、色んな部分を含めて、
とっても真面目な優等生という感じで、
意外性や、尖ったり鋭かったりする部分が少なくて、
とてもとても平坦な感情のまま、スッと見終えてしまったような、
そんな作品でした。