コーヒーが冷めないうちにの作品情報・感想・評価

コーヒーが冷めないうちに2018年製作の映画)

上映日:2018年09月21日

製作国:

上映時間:116分

3.6

あらすじ

「コーヒーが冷めないうちに」に投稿された感想・評価

fumikko

fumikkoの感想・評価

3.1
普通にいい話だった。ハートフル
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.0
読破すみ。
薬師丸ひろ子さんと松重豊さんの話は設定違うじゃんと思ったけど、すごくいい。
正直泣きました。
演技派ふたりの演技が素晴らしすぎる。
その話のせいで、それ以外の話の印象が残らなくなってしまった…。
スコアもその話だけが特別よかったので、4.0にしたくらいです。
正直有村架純主演だっけ?レベルです。
パワー配分がよくなかったかなって思います。
MURANO

MURANOの感想・評価

3.2
原作は以前に読んでいたので、昼下がりになんとなくのテレビ鑑賞。もちろん、コーヒーを飲みながら☕️

キャッチコピーには「4回泣ける」とある。個人的には泣く回数はそんなに関係ないと思っていますが、役者さんの演技の力も大きく、確かに泣かせて来ます。

あんな表情見せられたら切ないよっていう松重豊のエピソードが特に! あとは、吉田羊も良かったです。

ただ、そういったサイドストーリーを名演技が押し上げた分、有村架純のメインパートが掘り切れなかったかなという印象。

4回泣く分の涙、1回でいいので、すべてがそこに集約された大粒の涙を、一番最後に流したかったですね…。

このレビューはネタバレを含みます

タイトルに惹かれて鑑賞。

4人にそれぞれスポットが当てられる短編集のような作品。
(物語のつなぎ目には登場人物が前話の内容を自然に話しているので、そこの違和感はない)

喫茶店に訪れた客が過去・未来に行って会いたい人に会う。
ただし、会える時間は"コーヒーが冷めるまで"の時間だけ。

それによって運命が変わることはないが、それぞれが気づきを得て現在に戻り、それが決意となり行動変容が起こる。
そしてそれは、結果として運命を変えていくことに繋がっていく。

"過去は変えられない"
"相手にはきちんと伝える。相手からは伝えてもらう。分かったつもりになり、理解していると勘違いしてはいけない。"

そんな当たり前のようなことだからこそ、改めてメッセージとして作品に込めたのではと思った。

特に、松重さんの演技力は秀逸で、嬉しさも哀しさも胸にグッときた。

そして何より、最後の演出が印象的だった。
各話の主人公が、カメラ目線で私達観覧者に直接語りかける。
「製作者が作品にメッセージを込め、それをたくさんの人が様々な形で受け取る」という方式は良くあるが、「製作者がダイレクトにメッセージを伝える」というのは新鮮だった。
観覧者は、自然と演者と目が合う構図になるので、当事者意識を持つことができ、ストレートにメッセージが響いた。

ありそうでなかった表現方法を学ぶことができた。

欲を言えば、有村さんの生い立ちに関してはもう少し描写が欲しかった。
伏線と思っていたところが回収されていなかったり、え?急にそんな急接近する?と思ってしまったり、なかなかすんなりとは共感できなかった。
M2

M2の感想・評価

3.4
いくつかの条件をクリアすると、過去にも未来へも行けるコーヒー店を舞台に、そこを利用して過去へ戻ろうとする人びとの物語。
しかし戻れるのは、コーヒー店に来た時、過去は変えられない等…でもそれって戻る意味ある?
そこがこの映画が、普通と違うタイムトラベルもの。
最初の波瑠は、どうかと思ったが、薬師丸ひろ子良かった!
でもやっぱりこの空気感作り出してるのは、有村架純だよな。透明感と時間が止まってるような感じ。
でもな、最後が弱いよな。
もう一捻り欲しかった。
19-61
ちば

ちばの感想・評価

-
認知症の話で泣きすぎて他の話があまり入ってこなかった。
有村架純様と吉田羊様のコラボは本当に尊い。
虎

虎の感想・評価

3.6
石田ゆり子、吉田羊
不思議な設定が好き。
原作に興味。

作品に対する期待値が高すぎて、がっかりしてしまう結果となった。見なかったとしても自分の将来には何も影響はないなと感じた。

きいち

きいちの感想・評価

3.0
豪華キャストが送る感動のファンタジーのはずが、今一つ感情移入できず(^^;
無表情の石田ゆり子がトイレにたった時が、タイムトラベルのスイッチになっていると言う設定が、何故か興味を半減させたような・・・。
有村架純ちゃんが、最後に幸せになって良かった(^^)
>|