nishiyan

ラのnishiyanのレビュー・感想・評価

(2018年製作の映画)
2.5
どこか岩井俊二の匂いする。画面の色温度は岩井と全然ちゃうけどな。それと目立ったんは、長回しの多用と、中盤までのやたら露出アンダー(意識的、わざとやろ)と、中盤までのエレキギターのBGM(これも意識的、わざと)や。まあ、そういう風にやりたかったんやろな。
この映画はっきり言うて、主役と両脇役の三人の演技で保ってんな。全く眠くならず最後まで観れたわ。特に福田の怪演(?)は気味悪過ぎて終始ゾクゾクしたわ。「来た、来た」って感じで。前半までは主人公がドンドン追い詰められてて、その後の展開がめっちゃ期待できてんけど、中盤で雲行きが怪しなってきて「大丈夫かいな?」になり、後半は何やりたいんかさっぱり分からんようになってしもてたわ。完全に息切れやな。結末かて相当微妙やわ。「えー、こういう話なん?なんやそれ?」やで。三人の役者の頑張りがなんか勿体無い感じがしてしもたな。タイトルの「ラ」もそうやけど、特に中盤以降のストーリーは、ほんまもうちょっと考えてほしかったわ。途中「ここでこの映画終わったらそこそこええのにな」っていうとこあってんけどな。ありやと思うけど。どやろ?