ナガセ

母さんがどんなに僕を嫌いでものナガセのレビュー・感想・評価

3.7
2018.11.21

タイジが混ぜご飯を作るところは、味の素のCMを彷彿とさせていた。この作品、もしかしてこういう系統なの?お涙頂戴みたいを覚悟していた私を返して!

波乱の幕開けで、ストーリーが入って来なかった序盤ではありましたが、最後の(何度目かの)混ぜご飯を作るシーンはすんなりと入ってくるほど、素敵な仕上がりでした。

タイジの皆んなを包み込むような"優しさ"がフューチャーされていく。優しさだったり、気遣いをみせる事で自分を保とうとする、なんでも取り繕ってしまう性格、凄く共感してしまった。

対照的だったはずの母とタイジが、徐々にリンクしていく様は、"親子"というものをとても考えさせられると思う。

母の為に駐車場でミュージカルしたり、海で仲良し4人組がキャッキャッするのは、サブさを感じたが、良作でした。