A

母さんがどんなに僕を嫌いでものAのレビュー・感想・評価

3.6
「家族とは」「母親とは」とゆう事より、人と人との向き合い方を強く考えさせられる映画。

だが主軸が虐待とゆう事もあり、受け取り方や捉え方は人それぞれ様々な意見が飛び交う映画とも感じました。
終始感動はするものの、それは第三者からみた景色であり感情であり現実世界の張本人からすればやはり難しい選択だらけなのではと感じる部分も多々あり、感動だけでは片付けられない感情がモヤモヤと残ったのが正直な感想でした。

ですが、綺麗事だけではなくそんな様々な感情を含めての考えさせられる映画なのではと思います。

ストーリー展開も幼き頃の出来事から現在までの過程を余すこと無く分かりやすく描かれていて見応えがある作品でした。