アイネクライネナハトムジークの作品情報・感想・評価・動画配信

アイネクライネナハトムジーク2019年製作の映画)

上映日:2019年09月20日

製作国:

上映時間:119分

あらすじ

「アイネクライネナハトムジーク」に投稿された感想・評価

のっけから頭んなかで「ベリーベリーストロング」が流れてだね…織田くんのあのセリフにニヤニヤが止まらなかったよ。
原作の複雑な作りがサラッとさりげなく繋がり…なんてことない小さな夜の積み重ねが紡がれる。
何度か込み上げてしまった。
人間讃歌だなぁ。

多部未華子さん、貫地谷かほりさんの魅力が存分に発揮され、2人の笑顔に見惚れたことが何度かあったな。
なにより原田泰造さんが原作イメージにぴったりで、彼が妻とのエピソードを語るシーンはなんかすごく嬉しかった。

斉藤和義さん、伊坂幸太郎さん。
彼らの歌や小説の中の言葉が役者の口から出るたびに鳥肌がたった。
お二人が出会わなかったら、この作品は生まれなかったのだから、これはもう奇跡としか…。
「後で出会いに感謝できるか」

この言葉が“ある”と“ない”で、
映画の見方が全く変わるだろうと思った。

“ない”と、ただ淡々とした映画だったんじゃないかな。

与える側かと思えば、
勇気をもらってたり。

出会いって大事にしないとな
と改めて思った。
ジョン

ジョンの感想・評価

3.5
まったりと
雰囲気ある
ザキコ

ザキコの感想・評価

3.6
この2人の組み合わせが、まず良い◎
周りの固めてる役者さんもGOOD。

あと時、あの場所で出逢ったあの人で
良かった。凄く素敵だと思う!
ほっこりするし、こーいう感じは
邦画ならでわ♪
あの時にあなたと出会えてよかった

そう思わせてくれる映画だった
愛

愛の感想・評価

2.5
ほっこりとする良いお話ではあるんだけど、、、なんだか全体的にベタな感じが。

挿入される音楽やスローモーションとかの使い方も好みじゃなかった。
あの時この人に会えてよかった。そん時の俺ナイス。
このペア好きやー
もうみれへんのかー

ほっこり素敵な作品でした
『知らない、ふたり』の今泉力哉監督作品。

映画化もされた「重力ピエロ」などの伊坂幸太郎の小説を原作としたラブストーリー。『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』シリーズなどの三浦春馬が劇的な出会いを待つだけの主人公の青年を演じ、さまざまな人物との物語が展開する。仙台をはじめ宮城県でロケが行われ、共演に多部未華子や原田泰造、貫地谷しほり、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお、富澤たけしらが顔をそろえる。

マーケティングリサーチ会社で働く佐藤(三浦春馬)は、劇的な出会いをひたすら待っている。ある日、仙台駅前で街頭アンケートを取っていると、多くの人が立ち止まってくれない中で1人の女性(多部未華子)が快く応じてくれた。佐藤は、親友の「出会いなんてどうだっていい、後で自分の幸運に感謝できるのが一番だ」という言葉を思い出す。
ミゾ

ミゾの感想・評価

4.1
何も知らずにベリーベリーストロングを聞いてたから先にあらすじわかってたけど、面白かった。
多部未華子がめちゃくちゃに可愛い。
追悼。三浦春馬。
>|