パラレルワールド・ラブストーリーのネタバレレビュー・内容・結末

「パラレルワールド・ラブストーリー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

見てる途中で訳分からなくなった上に救いがなく心が痛んだが、最後はほんのりと救われる。
女性は本当はどちらを愛してたのだろう。
2019/10/08
カタール航空🇶🇦飛行機内にて視聴

世陸ドーハの帰りで、眠かったせいかあまり内容が頭に入ってこなかった。ちょっと難しい映画だった。
記憶を操作されてある一部分の記憶が書き換えられて、その記憶に主人公が翻弄される内容。現実なのか、記憶を書き換えられた世界なのか判断するのが難しい感じだった。
うーーーーーーーーん

予告を見て面白そうな内容だったからずっと見たいと思っていたので、飛行機で見つけて視聴。
パラレルワールドかと思ってたけど結局想像してたパラレルワールドではないし、前半の演出がわかりにくすぎて現実の記憶なのかそうじゃないのか混乱した。あと音楽がなくて終始静かな感じだったから盛り上がりにも欠ける。

一番違和感だったのが、崇史が麻由子に襲いかかるシーン。麻由子の心情に関しては全然触れられていなかったために、麻由子がかなり嫌がってるのに一方的に崇史が襲いかかっているようにしか見えなかった。こういう表現は誤解を招くしそろそろやめた方がいいのではと思う。

しかも麻由子は智彦さんと付き合っていたのでは?何で付き合ってたんだろう?最初から最後まで都合の良い女として描かれすぎててモヤモヤ。

原作だともう少し説明されてるのかもしれせんが、映画だけだとミステリーと同時にラブストーリーを展開するにしては、登場人物の心理描写がわかりにくくて感情移入出来ないし、背景の説明もなくてどうしてこうなってるのかついていけなかった。

(機内視聴)
たかだか色恋沙汰で国家秘密レベルの技術使っていーの?って冷めた目で見てしまった笑 飛行機で見るくらいがちょーどよい
キスシーンが小学生か!笑
原作面白そうな感じ
どうせなら、5話くらいの構成で、NHKあたりがドラマ化すればいいのにな雰囲気〜笑
途中、何度もブラックアウトした。

ストーリーがかなり複雑で、ついて来れなかった観客も多かったようだ。

ラブストーリーの部分よりも記憶の部分がメインテーマになっているようだ。

宇多田ヒカルさんの【嫉妬されるべき人生】が美しく響いていた。
ラブストーリーではない、ミステリー。

主人公が結局クソっていうパターンだから途中まで移入していた感情がどっかいった
思っていた内容と違って、結末もなんだかあっさりしてて期待しすぎた。
映画館じゃなくてもよさそうだけどなかなか面白かった!
ただ、三輪がかわいそう
個人的にあまり好きではない作風でした 観なくても良かったかな?と思ってしまいます
社会問題(?)を取り上げるようなテーマなら、その通りの宣伝をすればいいのに、配給会社にもガッカリします
染谷さんの、非人道的な研究にのめり込む演技はゾッとするほどリアルでしたが…
>|