ともしびの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ともしび2017年製作の映画)

Hannah

上映日:2019年02月02日

製作国:

上映時間:93分

3.4

あらすじ

「ともしび」に投稿された感想・評価

sena

senaの感想・評価

-
まぁ、人生ってそんなんだよなって思ってるので特に新しい発見はなかった。

すげー長いことドア映すから中に死体でも入ってんのかと思ったけど何も分からんまま終わった。

夫犯罪者(疑惑)でも息子にガン無視されてもワンコ手放しても習い事でヘマしてもライフゴーズオン!
Ryota

Ryotaの感想・評価

3.5
静謐に埋もれる孤独。罪を犯した夫が家を離れ、時間を埋めるようにしてアンナは勤め先の男の子と時間を過ごす。全盲の男の子。慣れ親しんだ男の子との時間、水泳、少しずつ狂っていく中でのともし火は、何だったのか。
イガコ

イガコの感想・評価

3.1
シャーロット・ランプリングありきの作品。

BGMもなく、ランプリングに寄り添うようなカメラが描き出すのは
淡々と続いていく老境に差し掛かった女性の毎日。
過剰な芝居は皆無。
これを観ながら、いかに現代の芝居が過剰かを見せつけられる。

大きなドラマもないけど、転機はある。
ドラマとしては魅力的ではないかもしれないけれど、
ランプリングを観ることには充分な価値がある。

予告編が秀逸。

今の私にはまだ難解。
20年後の私が観たら、もっとたくさん感じられるはず。
sunday

sundayの感想・評価

4.0
老年になり夫を失い1人きりになった妻。いやおうなく変化はやってきて身を置かねばならない。

離別であれ、死別であれ、いままでいた夫がいなくなり1人きりの生活になると、とても不安に満ちた心持になる。ましてここでは何の罪かは分からないが収監であり、おそらくその理由により1人息子には接触を拒否されている。上の階の雨漏りにも1人で対処しなければならないし、飼い犬はおそらく夫になついていて残された妻がやる餌を食べない。孫の誕生日にかつて息子に焼いてやったケーキを持っていくも家先で追い返され、うなだれ帰路に着く。

こういった老年の不安な心細い心持や生活が、シャーロット・ランプリングの大写しで描かれる。年相応にたれた瞼としわのある体、への字ぎみに結んだ唇、それらがひとりの孤独と不安を体現する。公開時71才のそのみごとな?老体が晩年期の人生を描きだしている。女優が自分の肉体の老化を見事に受け入れ堂々と晒している、これが素晴らしい。現在の肉体を受け入れることは現在の精神もおかれた状況も受け入れることなのだと感じた。
いずれ遠くない先自分も経験するんだろう。

しかし監督はなんと1982年生まれでまだ35歳だ。母親とか身近なモデルがいたのか。


監督:アンドレア・パラオロ1982イタリア生
2017フランス・イタリア・ベルギー
2019.5.26劇場で
miraikako

miraikakoの感想・評価

3.8
女優さんの「老い」がそのまま描かれることで
映画が生きるって
彼女らがそれを受け入れて、今を生きているからこその作品なんだと思う。

知的な彼女の
茫洋とさまよううつろな感じ

いろいろあっても夫婦として過ごした日々があり
それなりに保障されていた老後の生活が
指の隙間から堕ちていくのと同様に
夫への感情も抜け落ちていくんだろうと

あのしみだらけの背中を手でさする、描写。
夫婦でないとやらない所作。
そこには無言の信頼があったはずなのに

それが「なにもしなかった」ことにつながり
子や孫との交流を失う。
皮肉な人生のすべてがあの歩き回る彼女の姿にかさなった。

2019/2/23
冒頭から、鏡越しだったり窓の反射であったりガラス越しの映像が多用されるのが印象的だった。主人公アンナが信じてきた、積み上げてきたものが虚像であった…というメタファーか。彼女が家政婦として働いている家の、彼女によく懐いている少年が盲目であることも興味深い。しかし最後には鏡越しではなく彼女を世界を映し出す。
それにしても、予想していたよりはるかに静かな映画だった。とことんまでごっそり削ぎ落としていて(ぶっきらぼうと言ってもいいくらい)、安直な共感など跳ね返されそうだ。
台詞も非常に少なく出突っ張りのシャーロット・ランプリングのその存在、凄味。彼女なくしてはこの作品は成立しないんじゃないかしら。
夫の収監により、徐々に精神が不安定になっていく老女アンナ。
何を信じればいいのかも分からない日々。
趣味の演技レッスンも水泳も上手くできなくなってしまう。

老いとは何か。孤独とは何か。
夫の罪を受け入れて、息子からの非難を受け入れて、孤独を受け入れること。
悪あがきをやめて、自分と周りに目を向けること。
アンナが最期を迎える前にできることはきっとまだある。

勤め先の目の見えない少年との関係が唯一の救いに思えた。
coolhand

coolhandの感想・評価

4.0
シネモンドにて。
孤独とは。
熊ん蜂

熊ん蜂の感想・評価

3.3
人の心理、孤独、破壊

考えるんぢゃなく感じる映画

地下鉄で最後まで静かに終わるの良い
湖土

湖土の感想・評価

-

盲目少年
シャーロット・ランプリング
>|