miraikako

ともしびのmiraikakoのレビュー・感想・評価

ともしび(2017年製作の映画)
3.8
女優さんの「老い」がそのまま描かれることで
映画が生きるって
彼女らがそれを受け入れて、今を生きているからこその作品なんだと思う。

知的な彼女の
茫洋とさまよううつろな感じ

いろいろあっても夫婦として過ごした日々があり
それなりに保障されていた老後の生活が
指の隙間から堕ちていくのと同様に
夫への感情も抜け落ちていくんだろうと

あのしみだらけの背中を手でさする、描写。
夫婦でないとやらない所作。
そこには無言の信頼があったはずなのに

それが「なにもしなかった」ことにつながり
子や孫との交流を失う。
皮肉な人生のすべてがあの歩き回る彼女の姿にかさなった。

2019/2/23