あずきち

カンフー・マフィアのあずきちのレビュー・感想・評価

カンフー・マフィア(2014年製作の映画)
2.5
なにを言ってるのか分からないと思うが、
アイアンマンとバンブルビーが出てきたんだ...。

【主人公ファディルがギャングを抜ける条件として"故郷 ブラーニ村"をリーダー シャークから提示されて、とりあえず村に帰るとかつてはゴロツキから村人を守る三戦士がいたブラーニ村もギャングに牛耳られており、ギャングから村を自由にさせるお話】


この作品に出てくるギャングは村を牛耳ってるのと、ファディルがいたギャングの2グループです(多分)そこに絡んでくるのがかつていた村の三戦士です。そしてまたさらに絡んでくるのが、村のギャングたち繋がりでブラーニ村の土地をホテルにするという人たちです。

メインのキャラは多くないし村人も「少ねぇなww」と言えますけど、心理描写が弱いかな〜〜( ˙-˙ )最初からそうだったのかもしれないけど急なその感情なんで?( ˙-˙ )って感じでした。
主人公がギャングを抜けたいって言い出す理由に兄貴分のマリクが関わっておりマリクが突然出てくるシーンが多々ありますが、マリクは刑務所です(!!!!)結局は主人公に助言をする立場のキャラクターだったんですけど、最後に刑務所から出て感動の再会シーンとかもなく...。ファディルには妄想癖有りって事で自分の中で収めましたけど、マジで突然のマリクなのでやばいです(やばい)
ここで元も子もないこと言いますけど、主人公はファディルではなくてアデルで良かったと思う。ラスボスと戦ってるのはアデルです(!!!!!!!!)

ストーリーがアレならアクション楽しむしかないか...と思ってもアクションシーンは固定カメラじゃないし、カット割りがすごいし、ズームと引きが交互でエグいのにそこにブレがあるし、CGだし、突然最後に魔術(!!!!!!!!)くるし、もうなんやねーん\(^o^)/ってアクションでした。
分厚いコンクリートを貫通して吹き飛んでくるって、おまっ...これはドラゴンボールか...?って気持ちでしたwwほんで、↑に魔術って書きましたけど、念じたら転がってるナイフが手に飛んできたので魔術だよね( ˙-˙ )最後の最後でなんでもアリかよって思ったけど、もしかしてマレーシアの武道家の人たちは魔術が使える...?


終始「なんで?」って感じだったし、突然ばっかりだったな〜〜。突然の心臓発作で村のギャングが死んだのにはホントこっちも突然すぎて心臓発作が起きそうだったわ〜〜〜〜〜〜( ˙-˙ )



本国の人たちからしたら笑えるシーンだったんだろうけど、突然カメラ目線で「俺の中の映画なのに?!」って言うシーンほんと意味わからん。