シシリアン・ゴースト・ストーリーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし) - 62ページ目

「シシリアン・ゴースト・ストーリー」に投稿された感想・評価

かえで

かえでの感想・評価

3.5
実話を元にしてるなんて、、13歳の罪のない男の子にあんな残酷なことを出来てしまう人がいることにぞっとした、、。
セリフは本当に少ない。
その代わり音で伝えてる感じ
2回目の手紙を読む時の重さが辛すぎる、。生まれる前の事件で残酷で苦しくて切ないけど知れてよかった。
たくさんの人に観てもらいたいけど余韻が苦しい。
Marie22

Marie22の感想・評価

3.9
かなしくてつらくて、実際にあったことをこんな風に映画にするなんて受け止められない、て思ったけど
台詞は少ないんだけど映画の中の空気の匂いや温度が伝わってくるようだった 人を好きになったり外の世界で自由に生活できたりすることはほんとうに尊い、誰にとってもうばわれては困ることだということがぐっときた
2018/12/06

トークショー付き試写会。

個人的に印象的だったのが音でした。耳を澄まさなければ聞こえないような、自然の音とか動物の鳴き声とかが妙にリアルでした。
みほ

みほの感想・評価

3.6
試写会。

この手の映画って一回観ただけじゃ理解不能。今回は翻訳家とのトークショーがあり、場面解説があるのとないのとじゃ、観終わった後の満足感が全然違う。

映像も音もキャストもすべて美しい。

非常に残虐な実話を基にした映画とは思えないくらい、清々しい気持ちで帰路に着きました。

カメラワークも工夫が凝らしてあるので、ぜひ映画館でご覧になった方がいいと思います。
はみ

はみの感想・評価

3.8
一人の少年が誘拐されたのに警察も学校も何も動かないと言う、極めて非合法で不条理な内容。 なのに、それを差し引いても余りある映像美で、残酷な物語を幻想的に魅惑的に変幻させた。惹きつけられます。
MiNoRi

MiNoRiの感想・評価

3.6
こんなにも引きずる作品と出会ったのは久しぶりかもしれない。。
幸せという余韻の浸り方はあっても、この'引きずる'感覚はなかなか無い。

せっかく参加させていただけた試写会なのに、1週間近く経った今でもレビューが、うまく言葉がまとまらなくて…

この作品に興味を惹かれたのは、フライヤーのデザインから。
その2人の姿からは想像もできない物語。

台詞は少なく、自然の音と音楽が作品を彩る。
全体的にダークな画と色彩の中で、赤いコートがひたすらに存在感を放つ。

ルナの眼差しは常に強く、それはきっと彼女自身の脆い部分を埋めるために必死だから。そしてきっとその脆い部分は、あの時まで、常にジュゼッペの存在が埋めていてくれた。

2人はまだ幼いながらも、愛が生み出す力の大きさを知っていて、そしてその力を信じていた。

実際のジュゼッペにも、どうかそんな背景があったことを願う。
ジュゼッペの心の支えとなる誰かの存在があったことを、切に願う。


シチリア島について、マフィアについて、調べれば調べるだけ悲しくなった。

ジュゼッペをあんな目に遭わせたマフィアのボスは投獄され、その後病気で亡くなったらしい。

世界には知らないことが溢れている。
ただ美しいというだけで憧れを抱きがちなあらゆる国に、私たちの知らない暗い背景があったりもする。

そういう部分を改めて学ばせてくれるのが映画の良さでもあり、私が映画を愛する理由の一つでもある。

私はジュゼッペという少年の存在を、
そしてこの事件の存在を、忘れない。
はるき

はるきの感想・評価

3.9
これが実際にあった事件ということが悲しかった。
セリフは少なめだったが音が際立っていて良かった。
Sawako

Sawakoの感想・評価

-
久々に重いのを。
ポセターからはかわいい印象を受けるけど、ダークで重くどんより常に緊張感があるストーリー
若干音が大きすぎた
森夜02

森夜02の感想・評価

3.5
実際に起こった誘拐殺害事件、を元に膨らましに膨らませまくった可愛らしくも激しい恋物語。

思っていたよりもファンタジー感はなく、抽象的で薄ぼんやりとした印象。

実際はルナは存在していないし、ただジュゼッペという少年が誘拐され監禁され絞殺され酸に溶かされた、という事実のみ。

殺されたジュゼッペにもこれくらい情熱的な彼女がいたら良かったのに。。。
chika

chikaの感想・評価

3.7
ポスターはファンタジー感溢れてますが、内容はなかなかダーク。少なくともファンタジー映画ではないです。
実際のマフィアに関する事件が元になっているそうですが、とても詩的な映画。セリフが少なく、音だけがきこえるシーンがいっぱい。

現実とルナの夢が交錯して話が進みますが、そんなに混乱することもなく観られました。
青春の暗さと瑞々しさが詰まってる。