シシリアン・ゴースト・ストーリーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「シシリアン・ゴースト・ストーリー」に投稿された感想・評価

Margaret

Margaretの感想・評価

4.0
号泣!
以前、映画工房のはみ出し版で紹介されていたのを見てすごく気になっていました。
初頭の水がボタ、ボタ、ボタと落ちていく音が不気味で、冷たくて、催眠術をかけられているような感じがしました。
饅頭

饅頭の感想・評価

3.8
簡潔にいうと本当に苦い。
本当にあった話を実際に2時間にまとめるのはとても難しいと思う。
それでもこの監督の表現の仕方や音の使い方繊細な部分まで美しかった。
水の音や無音のとき、見ている自分は画面に無意識に釘付けになっていた。
keiko3

keiko3の感想・評価

3.4
シチリアから思い浮かべる青い空、青い海、明るいマンマ、マンマのパスタ、、とは全く異なる。暗い空、雨、冷めたパスタ、笑わない母親。

ストーリーより音と映像が印象的。実わベースだけど、ファンタジー。たしかに。
しん

しんの感想・評価

3.7
映画としては本当に美しかった。
敢えて作り込み過ぎていないカットの数々が青い。青くて脆かった。
この実際に起こった衝撃的な出来事は、語るには辛過ぎる。だからこそ神話的で、寓話的である必要があると思った。
moto

motoの感想・評価

3.0
小さな恋の物語は、
淡く儚い夢の中で紡ぐしかなかった。

落ち葉を踏みしめる音、
樹々の香り、騒めき、木漏れ日。

追いかけ、見失い、不意に現れる。
恋の始まりは、突然落ちるように
二人の目の前に現れた。

そして、突然の彼女の目の前から、
彼は消えてしまった。
まるで神隠しのように。

実話を元にした残酷な出来事を、
この映画は、幼い二人の美しく、
やるせない、哀しい幻想的な
恋物語に仕立てあげた。

通じ合う二人だからこそ、
二人は夢の中で再会できたのだろう。

二人の瞳に光る二つのともしびが、
絶望の中の唯一の救いだったはずだ。

愛は死よりも強し。
ikustatino

ikustatinoの感想・評価

2.9
「シシリアン・ゴースト・ストーリー」


この映画の持つ幻想という二次創作は哀れな魂への手向けなのだろう。
けれどもハードコアメガ盛り過ぎて幻想との均衡とれてたのかは微妙に思える。ちょっとしんどかったな…。
シンプルに「人間の醜悪さを思い知れ」系映画の方がもしかすると気が楽だったかも。


得るべき教訓は残酷な事件がもう二度と起きないように…という祈りだったり注意喚起だったのだろうけれど、キムチ丼の付け合せがビスケット的な食べ合わせの悪さを個人的にはあまり斬新!とは捕らえられなかったのが正直なところだった…かな…。
受け手の感情欲張り過ぎ!ってなる。
いや、なった…。


こう言うと元もこもないのだろうが、ジュゼッペと心を通わせる動機がルナでは少し弱いように感じてしまうのも乗れない理由の1つかも。
もし全く同じ物語でもジュゼッペの母親が主役で親子愛の話だったなら難なく乗れた気がするんだよな…。
まあロッテントマト評価94%の映画に何を言わんやですが…
みーこ

みーこの感想・評価

4.2
夢を見ているかのような映像や音。
体験したことのないカメラアングル、美しい映像体験だった。

"見て見ぬ振り"の社会。
想い続け、感じる少女。
監督が創り出した彼女によって
彼の魂が救われたのかな。。
keiphoto1

keiphoto1の感想・評価

3.0
暗すぎてびっくりしちゃった。
なんなのマフィア。
街の人とか親はまぁ、仕方ないとも思う。
母親のサウナシーンは謎。
akari

akariの感想・評価

3.7
ジュゼッペが手紙を埋めて、やっぱり掘りおこして、そのあとぎゅって握りしめてキスするところ苦しかった。ここそんなに長く映す?っていうシーンが多かったけれど、現実と夢の不確実さの表現なのだとしたら良い演出なのかもしれない。
実話を元にしたということを知らず鑑賞。
スタートの2人が本当に愛らしかったからこそ暗い気持ちになった。